map
home > NEWS&EVENT
2020.01.28
閲覧数 :
15
スマート畜産業 IoT基盤韓牛発情・分娩時期をリアルタイムで予測

聨合ニュースによると、

 


【洪城聯合ニュース】ヤン・ヨンソク記者=これから忠南一部の韓牛農家で、スマートフォンを使って牛の健康状態をリアルタイムで把握できるようになった。

忠南道によると、韓牛遺伝能力優秀農家の育成事業に選ばれた畜産農家80ヵ所に、モノのインターネット(IoT)基盤発情・分娩管理システムを構築することを23日に明らかにした。

IoT通信モジュールが取り付けられたバイオカプセルを韓牛に経口投与し、スマートフォンやパソコンで生体情報をリアルタイムで提供されるシステムだ。

農家は、リアルタイム生体情報を参考して授精適期、分娩予定時間、疾病感染の有無などを判断することができる。

今まで農家の経験に依存してきた発情・分娩時期を体系的に管理することができ、生産性と効率性が高まるものと忠南道は期待している。

youngs@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.1.23)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
INVEST KOREA

13, Heolleung-ro, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea (06792) | E-mail ikonline@kotra.or.kr

Korea Trade-Investment Promotion Agency | Copyright 2006. Invest KOREA. All rights reserved.