map
home > NEWS&EVENT
2020.03.17
閲覧数 :
11
泰安郡-ソウル大学「AI融合先導プロジェクト」推進 国費41億ウォン投入

聨合ニュースによると、


【泰安聯合ニュース】イ・ウンパ記者=忠南道・泰安郡とソウル大学の認知科学研究所が協力して「人工知能(AI)融合先導プロジェクト」を推進する。

泰安郡によると、泰安郡-ソウル大学コンソーシアムは、昨年に科学技術情報通信部が主管した「AI融合先導プロジェクト」の遂行機関に選定され、プロジェクトを行うことを9日に明らかにした。

同プロジェクトは、AIを活用して技術革新や生産性の向上、AIベースの新製品開発、新サービスを創出する政府重点支援事業である。

泰安郡-ソウル大学コンソーシアムは、ソフトウェア(SW)及びAI研究開発能力、未来先導型核心オリジナル技術開発能力、第4次産業革命をリードする融合型人材育成能力などで好評を受けた。

特に、泰安火力発電所の環境問題や河北省スピリット号原油流出事故の後、郡民の健康管理に特化した研究開発計画を提示し、高い点数を取った。

ソウル大学-泰安郡コンソーシアムは、2021年12月までに国費41億2500億ウォンを投入して「自然知能模写AIフレームワークと認知基盤の融合研究開発パイプラインを適用した健康行動モニタリング及び診断・処方技術開発」という研究を行う。

カ・セロ郡長は「AI融合先導プロジェクトを成功させて世界最高の海洋型AI基盤を構築し、人工知能研究センターも設立して泰安を創意・融合型教育都市に造成したい」と述べた。

sw21@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.3.9)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
INVEST KOREA

13, Heolleung-ro, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea (06792) | E-mail ikonline@kotra.or.kr

Korea Trade-Investment Promotion Agency | Copyright 2006. Invest KOREA. All rights reserved.