map
home > NEWS&EVENT
2020.05.11
閲覧数 :
20
産業用ボイラー製造企業2社が忠南に220億ウォン投資、工場新築

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】ヤン・ヨンソク記者=忠清南道が産業用ボイラー製造専門企業2社を誘致した。

ヤン・スンジョ忠南道知事は6日、メン・チョンホ瑞山市場、シン・グクホ大熱ボイラー代表、ジャン・ヨンスンBnS代表と投資協約を締結した。

大熱ボイラーとBnSは、2022年まで瑞山オートバレー産業団地万3千57平方メートル敷地に220億ウォンを投資し、ボイラーの生産工場を新築する計画だ。

50年の歴史の大熱ボイラーは、韓国の産業用ボイラー市場シェア3位を記録している。

大容量の炉筒煙管ボイラ部門1位の企業だ。

BnSは、大熱ボイラーの関係会社で産業用ボイラーを生産する。

道は、これらの企業が工場を完工し、本格的に稼動すると、301億ウォンの生産効果や74億ウォンの付加価値効果が発生すると期待している。

ヤン・スンジョ道知事は「新型コロナウイルスの拡大が地域経済が委縮し、産業全般に悪影響を及ぼしている」とし「景気低迷の時期に、今回の投資誘致が地域経済に活力をもたらすことを期待している」と述べた。

youngs@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.5.6)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
INVEST KOREA

13, Heolleung-ro, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea (06792) | E-mail ikonline@kotra.or.kr

Korea Trade-Investment Promotion Agency | Copyright 2006. Invest KOREA. All rights reserved.