map
home > 主要産業 > 大徳研究開発特区

大徳研究開発特区

大徳研究開発特区

研究開発、知識産業の中心

韓国最大の研究開発(R&D)集積地で、30の政府出捐研究機関、19の大学、約400の企業付設研究所が所在しており、代表的な政策機関としては韓国電子通信研究院、韓国航空宇宙研究院、韓国標準科学研究院、韓国機械研究院、韓国原子力研究院などがあります。


韓国の年間総研究開発費の15%に相当する費用が投資されており、技術事業化、研究所企業の育成、トータルデザイン支援、技術情報の提供及び企業間交流事業の支援、産学研共同技術開発事業などが進められています。


また、2011年に国際科学ビジネスベルト拠点都市として圧倒的な立地評価を受けた大田市は、基礎科学研究院を中心に様々な研究機関が活動しており、重イオン加速器の構築及びグローバルな研究基盤づくり(25研究団)、グローバルなビジネス環境づくりなどに取り組んでいます。


特に、KAIST、UST、韓国ポリテク大学、忠南大学、韓南大学など19大学が所在する世界的な産学研研究開発の揺籃として年間3万5千人に及ぶ優秀な人材を輩出しており、理工系博士号を取得した韓国研究人材の12%にあたる10,244人が勤務しています。

韩国电子通信研究院

韓国電子通信研究院

韩国航空航天研究院

韓国航空宇宙研究院

韩国标准科学研究院

韓国標準科学研究院

国际科学商业带

国際科学ビジネスベルト

13, Heolleung-ro, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea (06792) | E-mail ikonline@kotra.or.kr

Korea Trade-Investment Promotion Agency | Copyright 2006. Invest KOREA. All rights reserved.