map
home > NEWS&EVENT
2019.08.16
閲覧数 :
14
太白市、各界の専門家が参加する「都市再生諮問団」構成へ

 


江原道・太白市によると、都市再生事業の活性化に向けて「太白市都市再生諮問団」を構成・運営することを14日に明らかにした。

市は建築・農業・山林・文化・マーケティング・福祉など、各分野の専門家10∼20人が参加する諮問団を構成し、都市再生関連の主要施策の推進に当たって諮問を求める計画だ。

市は今月30日まで太白市都市再生支援センターの推薦を受けて諮問団を募集し、9月中に委嘱式及び定期会議を開催する予定だ。

諮問団の任期は2年であり、再任することができる。

諮問団は、上半期と下半期の年2回実施する定期会議と市長および団長が必要と認めた場合、招集する臨時会議を通じて都市再生の主な施策関連諮問を行う計画だ。

市の関係者は「各界の専門家が参加した都市再生の諮問団は、太白型都市再生事業の成功と信頼確保のきっかけになることを期待している」とし「みんなの知恵と力を集めて都市再生事業が最上の成果を出すように努力したい」と述べた。

 


原文記事
出所:ニューシース(2019.08.14)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
INVEST KOREA

13, Heolleung-ro, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea (06792) | E-mail ikonline@kotra.or.kr

Korea Trade-Investment Promotion Agency | Copyright 2006. Invest KOREA. All rights reserved.