map
home > NEWS&EVENT
2019.08.21
閲覧数 :
9
光州市、研究・開発支援体系強化で製造業の競争力強化へ

聨合ニュースによると、


【光州聯合ニュース】ジャン・ドクゾン記者=光州市と地域産業の関係機関が光州の11大代表産業の成果創出に向けて協力する。

光州市によると、14日に同市は韓国光技術院、韓国生産技術研究院の西南地域本部などの12関係機関と「代表産業育成への研究開発(研究・開発)常時確信支援の業務協約」を締結したことを15日に明らかにした。

今回の協約は市の未来産業のビジョンと代表産業への集中育成計画が企業現場に拡大し、成果につながるためには企業と地域研究・開発機関が連携した総合的な支援の必要性で推進された。

主な内容は代表産業別の担当機関指定、成果管理システムの構築、研究開発装備の共同活用、問題解決の処理システム構築、関連条例の改定、優秀企業への支援などだ。

協約によって、市は個別支援方式から脱し、研究・企画段階から関係機関が参加して産業現場での需要に合う課題を選定して製品化する。

市は、5月に民選7期の未来産業ビジョンと11大代表産業への集中育成などの戦略を発表し、関係機関などの研究成果を産業現場で企業のにつながる成果中心の研究開発体系の確保に集中した。

ソン・ギョンゾン光州市戦略産業局長は「地域産業が直面している危機を機会に転換するようにAI、エネルギー産業、空気産業などの革新産業の研究開発を強化して製造業現場の競争力を育成したい」と述べた。

cbebop@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.08.15)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
INVEST KOREA

13, Heolleung-ro, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea (06792) | E-mail ikonline@kotra.or.kr

Korea Trade-Investment Promotion Agency | Copyright 2006. Invest KOREA. All rights reserved.