済州について

温室効果ガスの低減のための炭素ない島、済州
韓国での
気候変動対策の
始まり
  • 1992 環境と開発lご関する国際連合会議 → 気候変動lご対する国際レベルの共助を開始
  • 1997 京都議定書 → 国家別lご温室効果打スの削減義務を規定
  • 2012 『Carbon-Free Island Jeju by 2030』の計画発表 → 済州型の温室効果ガス削減政策を提示
  • 2013 CFI 2030 細部実行のロードマップを発表
  • 2015 パリ協定 →「Carbon-Free Island モデルの拡大」(VIPの発言)
  • 2016 CFIビジョンの基本計画を確立
  • 2017 世界経済フォーラム →「済州、|を第4次産業革命のゲ口一パルショーケースとして提示J(済州道知事)
  • 2019 『Carbon-Free Island Jeju by 2030』を修正補完
なぜ、
済州訟のか
  • 年間1,500万人以上の観光客が訪問

    · -世界唯一のユネスコ自然遺産分野でのトリプルヴラウン達成自然の宝庫
    - 新・世界七不思議自然版(New 7Wonders of Nature, 2011)
    - 生物圏保存地域(2002),ユネスコ世界自然遺産(2007),世界ジオパーヴ(2010)

  • 清浄怠自然と共存する最適私立地

    - 風力や太陽光など、豊かな再生可能エネルギー
    - 電気自動車t~l 回の充電で、島を一周できる

国際社会の
新気候システムを作り上げる
呼び水
  • 2018 デンマーヴエネルギー使節団の済州訪問
  • 2018 力ンポジア産業・鉱業・エネルギー省の済州訪問
  • 2018 韓中知事成長会議一韓国の代表事例として力ーボンフリー
    アイランド・プロジェヴトを紹介
  • 2019 力ーポンニュートラル連合(CarbonNeutral Coalition)に加入
低炭素の島、
済州のビジョンと
エネルギー自立の段階
    済州のビジョンとコアバリュー エネルギー自立のステップ
低炭素の島、
済州の4大政策目標と
主要指標
    2030年4大政策目標 2030年の温室効果ガス削減目標
主要指標
    主要指標
温室効果ガス
低減に向けた
再生可能
エネルギー開発
    2030년 목표:4085MW
    推進状況
    • · 力資源の公共的管理に対する内容の法制化 : '11.5.
    • · 済州特別自治道の風力開発及び地区指定lこ関する条例制定 : '11.10.
    • · 済州特別自治道の風力発電lこ関する総合管理基本計画の立案 : '12.11.
    • · 公共主導による風力開発投資活性化に関する計画の立案 : '15.9
    • · 道民所得を生み出す太陽光発電活性化に関する計画の立案 : '16.4
    • · 済州特別自治道の風力資源共有化に関する基金条例の制定 : '16.7.
    • · 韓国初の海上風力発電の商業運転 : '17.9
    • · 公共主導による海上風力事業の推進に向けた、済州エネルギー公社の捜権資本金の拡大
      (1,000億ウォン→5,000億ウォン):'19.3
    最近6年間総発電量に比べ、再生可能エネルギーの普及率
風で定る
電気自動車
ゲローパル怒メッ力を実現
    2030年の目標:4085MW
推進状況
    推進状況 推進状況 推進実績
エネルギー需要管理の
目標設定
    2030年のエネルギー原単位の目標
    0.071TOE/百万ウォン
  • ·「2030年の最終エネルギー原単位」の基準案lこ対する目標案は23.4%削減
  • · 国家目標対比 15.9%削減
  • · 基準案 : 0.092 TOE/百万ウォン
  • · 目標案:0.071 TOE/百万ウォン
  • · 国家目標 0.084 TOE/百万ウォン
    済州島の最終エネルギー原単位目標
目標達成のための戦略
  • · 省エネ義務量制度征ERS)1)事業を中心とする、建物部門及び産業部門のエネルギ一需要削減戦略を推進 - 従来の補助に基づ〈高効率エネルギー使用欄初普及事業から規制噂軒以基プくEERS事業八のシフト
  • · 規制政策に基づき、建物部門及び産業部門のエネルギー効率向上を促進する戦略を推進 - 建築物のエネルギー消費量に対する総量規制を実施し、建物部門でのエネルギー需要の削減など
  • · エネルギー新産業育成と連携するスマートエネルギーシステムを構築 - xEMS(エネルギー管理システム)の普及,EnMS(エネルギーマネジメントシステム)、AMI(スマート電力量計)導入の促進 - VIP(仮想発電所)、DR(需要反応)及ぴスマートグリッドなどの道民収益型事業との連携を推進
  • 1) Energy Efficiency Resource Standard: エネルギー供給者に需要管理の義務を課す制度

エネルギー融合・複合
新産業をリード
    エネルギー融合・複合新産業をリード
    エネルギー貯蔵システム
力ーポンフリー
アイランドの
経済波及効果
    カナダのフリーアイランド経済波及効果
    バックグラウンド