済州について

背景イメージ
済州島学校紹介 1) North London Collegiate School,2011年設立/ 72学級1,335人在学 2) Branksome Hall, 2012年設立/ 49学級881人在学
                            3) KIS, 2011年設立/ 56学級1,013人在学 4) St.Johnsbury Academy Jeju, 2017年設立/ 37学級615人在学
最高の国際教育都市
済州は清らかな自然環境をベースに北東アジアの教育 ハブを目指します。西帰浦市大静邑一帯379万㎡に約 1兆7800億ウォンを投入して造成した済州英語教育 都市は、生活と教育が英語で行なわれる外国語教育の メッカとして、ビジネスのために済州に訪れた移住者 と投資家の子供たちのための最上の教育環境です。
出所: 国際学校
                            と英語教育都市に対する改善事項の発掘および教育品質向上のためのアンケート調査(2019.1)
                            保護者(508人),1)満足(69.1%) 2)普通(21.4%), 3)不満足(9.4%). 在学生(522人) 1)満足(60.5%) 2)普通(28.5%) 3)不満足(10.9%) 済州島学校を紹介します. 手順は下記の通りです 1) 区分 2)設立資格 3)財政支援 4)教育課程 5)設立地域 6) 承認権者  7)内国人入学割合  8)国内の学歴認定 9)インセンティブ. 外国教育機関 1)外国で幼・小・中・高等学校・大学を設
                            立・運営中の外国学校法人が外国の法令に基づき済州特別自治道内に設立・運営する学校 2) 非営利外国学校法人 3)可能 4)幼・小・中・高等教育 5)経済自由区域、済州特別自治道 6) 済州特別自治道教育監(高等学校以下)及び済州特別自治道知事(大学以上) 7)高等学校以下 在学生数の50%以内、
                            大学以上は制限なし  8)高等学校以上認定、 その他に学歴認定機関に 指定された場合可能 9)済州投資振興地区の指定による税金減免. 国際学校1) 済州特別自治道に限られた特例で外国の教育課程を運営する学校 2)制限なし 3)ない 4) 幼・小・中等教育 5) 済州英語教育都市 6) 済州特別自治道教育監 7) 制限なし 8)認定 9)済州投資振興地区の指定による税金減免
済州英語教育都市在学生と
保護者の高い満足度
済州英語教育都市の優秀な教育環境に対する満足度は 非常に高いほうです。済州英語教育都市に位置してい る国際学校4校の在学生と保護者を対象に2014年か ら実施した満足度調査によると、「満足」と答えた回 答者は着実に60%台を維持しており、「不満足」と答 えた回答者(10%前後)を大幅に上回っています。
旧耽羅大学敷地への特性化外国
大学誘致推進
済州英語教育都市からほど近い場所に位置する旧耽羅 大学の敷地312,217㎡(建物312,217㎡)には外国大学 の誘致を推進しています。共有財産長期賃借(50年、 再延長可能)、賃借料減免(50~100%)、運営費の支援 (設立準備金12億ウォン台、初期運営費毎年10億ウォ ンずつ4年間)等のインセンティブを提供します。
外国教育機関の分校と国際学校
設立への支援
済州英語教育都市は外国人投資家の定住環境をしっか りと整え、差別化された国際競争力を揃えた国際都市 環境を作るために、現在開校している4校に加えて3 校をさらに誘致する計画です。外国教育機関の済州分 校あるいは国際学校を設立する場合、次のような特典 を提供します。