済州について

大韓民国で最もホットな都市
自分だけのスタイルと価値を求めて消費し、生活するミレ二アル世代の浮上と共に「ローカル」 が注目されています。2012年の済州移住ブーム以来6年連続1万人以上の人口増加が続く済州は、 「韓国人が最も暮らしたいローカル都市」です。2018年には1300万人に達した内国人観光客数 もまた済州が魅力的な夢の島であることを示しています。韓国一の観光地としてすでに整っている レジャー・国際会議施設は美しい島でのビジネスをサポートしてくれるもう一つのインフラです。
最近1年間旅行地として言及された頻度の順位
                            出所:韓国観光公社「ソーシャルメディアビッグデータを活用した国内観光トレンドの分析および2019トレンド見通し」報告書(2018.12.13) 
                            1)済州,116万件 2) 釜山,28万件 3)ソウル,19万件 2018年観光客数1431万人(外国人122万人), 2017年観光収入5.7兆ウォン

年間観光客1400万人
を誇る魅力的な都市

2018年12月、韓国観光公社と文化体育観光部が直近3年間の国内観光ビッグデータを 分析した結果、ソーシャルメディアで最も関心の高い国内観光地1位は、圧倒的に済州 でした。実際に2018年済州を訪問した国内の観光客数は大韓民国の人口の1/4に該当す る1309万人を記録しました。

全国平均の10倍に
達する人口増加率
2018年5月に若手の会社員1462人を対象に行なった調査結果、「暮らしてみたい夢の都市」 1位に済州が選ばれました。少子高齢化により全国の人口増加率が0パーセント台の増減率の 中、済州は2012年以来若い移住民の流入により人口増加の幅が次第に大きくなっています。
ぜひ住んでみたい夢の街 済州全国人口増加率
様々な観光・レジャー・国際会議施設
多様な観光・
レジャー・
国際会議施設
国内一の観光地として済州が取り揃えている多様な インフラは、済州でのビジネスをより一層便利なも のにしてくれます。済州は2015年から2年連続アジ ア・オセアニア地域最高のMICE* 目的地に選定され ました。 *Meeting, Incentive Tour, Convention, Exhibition
  • 新羅、ロッテ、新世界、JTO、JDCなど内・外国人免税店
  • 408の国内最高水準の観光宿泊施設(約3万室)
  • 30のゴルフ場
  • 8の外国人専用カジノ(全国の50%)
  • 79の美術館・博物館
  • 乗馬、パラグライディング、ハイキングなど多様な体験観光要素
  • 最大収容人数4300人の済州国際コンベンションセンター