map
home > 投資メリット > 外国人投資企業の現況 > 韓国BASF(株)
韓国BASF(株)
韓国 BASF( 株 )  群山工場

企業概要

1998 年 12 月新しくスタートした韓国 BASF は、油化、ポリウレタン、科学及び貿易、生化学製品事業 など、化学産業の全分野において高度成長を重ねながらグローバル化学企業にまで上り詰めた。
韓国 BASF はドイツ BASF 社が 100 %投資して設立した韓国法人で、現在国内にはソウル事務所と 蔚山・麗水・群山・安山に 6 つの工場がある。

代表者 : 代表理事キム・ゾンガン
主要沿革
1998 年 12 月 : 韓国 BASF ウレタン ( 株 ) 、韓国 BASF Styrenics( 株 ) 、 BASF KOREA( 株 ) が 合併して韓国 BASF( 株 ) が誕生
1999 年 04 月 : 外国人投資企業賞授賞
2000 年 10 月 : 麗川石油化学団地内に 11 万 6 千坪の工場敷地を買い入れ
2000 年 11 月 : 5 億ドル輸出塔授賞 ( 韓国貿易協会 )
2000 年 11 月 : ハンファ石油化学と戦略的提携、ハンファ石油化学の株式 1,450万株引受
2001 年 06 月 : SK エバーテック SM(Styrene Monomer) 工場引受
2002 年 11 月 : 麗水 CCD(Carbonyl Chloride Derivatives) 工場竣工
2003 年 05 月 : Honeywell エンジニアリングプラスチック事業引受
主な生産品 : 農化学製品、栄養製品、プラスチック、繊維、化学製品、着色剤、仕上げ製品
工場の現況 : 群山工場 ( 全羅北道・群山地方産業団地内 ) 、蔚山油化 1 工場、 蔚山油化 2 工場、安山工場、麗水工場、蔚山ファソン工場
資本金 : 3,047 億ウォン
売上高 : 1 兆 6 千億ウォン (2003 年 )
従業員 : 全国 1,228 人、群山工場 203 人 (2004 年 8 月末基準 )

企業の競争力およびビジョン

韓国 BASF は 2003 年には前年対比 13 %売り上げが増加して約 1 兆 6 千億ウォンの売上高を実現した。その中で輸出は約 60 %を占めている。

韓国 BASF ・群山工場で生産する品目は動物成長促進剤 (Lysine) ビタミンである。 (Lysine) では廃棄物および肥料、飼料の資源化のための工程を続いて開発しており、原料およびエネルギーを効率的に利用して画期的な原価節減効果を収めている。

韓国 BASF は環境、安全、保健活動である“ Responsible Care ”を通して企業の社会的責任を果たすとともに、 BASF のみの長所である Verbund( 生産、エネルギー、ノーハウ、人的資源、購買などの統合とネットワーキング ) 戦略をもっと強化して超優良企業の場を固めつつある。
出所 : 全羅北道庁
INVEST KOREA

13, Heolleung-ro, Seocho-gu, Seoul, Republic of Korea (06792) | E-mail ikonline@kotra.or.kr

Korea Trade-Investment Promotion Agency | Copyright 2006. Invest KOREA. All rights reserved.