• go facebook
  • go twitter
  • go blog
  • go youtube
  • go linkedin
  • go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

よくあるご質問(FAQ)

  • タイトル
    登録と関連して企業はどのように準備しなければならないのか。(化評法第15条~第17条)
  • 内容
    ◦ (登録対象確認)化学物質の製造・輸入者は登録対象、または登録免除対象になるのかを事前に確認しなければならない。
     
     ◦ (登録申請資料準備)新規化学物質の場合、法施行以前に準備しなければならなく、既存化学物質は登録猶予期間に合わせて準備しなければならない。
     
      - 有害性資料は、原則的に法22条第1項によるGLP試験機関などが実施した試験結果を記録した書類を提出し、危害性資料は有害性資料などを基に作成した書類を提出
     
     ◦ (資料の共同提出)同一の登録対象既存化学物質を製造・輸入する者は、原則的に登録申請資料を共同で提出しなければならない(第15条)
     
       * 登録申請資料を重複的に生産することによる社会・経済的損失を防止し、製造・輸入者の登録準備費用を減らすため。
     
       - 製造・輸入者は、同一の化学物質の可否を確認した後、枠組みを構成し、代表者を選定して共同で提出しなければならない。
     
       - 資料を新たに作成する場合、枠組み内の製造・輸入者間の費用分担
     
     ◦(既存資料の共有)他の登録者が提出した既存登録申請資料は、原則的に所有者の使用同意を受けて活用可能。(第16・17条)
     
       - 脊椎動物試験資料の場合、所有者が使用同意をしない場合、環境部長官の確認を受けて提出しないケースもある。
     
     ◦ (国外製造・生産者)環境部令で定める条件を備えた者を選任し、輸入者が与えられた業務を遂行できるようにする。
     
    国外製造・生産者が国内輸入者との関係で、営業秘密と関係ある資料を共有するのが難しい場合、これを保護するための規定
  • タイトル
    化学物質の登録で報告制度導入趣旨と具体的な内容は。(化評法第8条)
  • 内容
    ◦ (導入趣旨)登録義務予定者を事前に把握し、登録以降、化学物質の用途及び製造・輸入量などの変更事実を確認するためのもの。
     
     - また、同一化学物質を製造・輸入する者を確認し、登録申請資料を共同で提出できるように支援。
       * 登録前に同一物質製造・輸入者間物質情報を共有できるようにするEU REACHの事前登録(Pre-registration)制度と類似
     
    ◦ (報告対象)全ての新規化学物質または年間1トン以上の既存化学物質を製造・輸入・販売する者
     
    ◦ (報告内容)化学物質の用途及び製造・輸入・販売する量などを環境部長官に一定の様式に従って毎年報告しなければならない。
       
     - また、報告した事項の中で用途が変更されるなど、変更事項が発生した場合、変更事項を報告しなければならない。
     
    ◇ 報告対象から除外される化学物質
     
     ① 機械に内蔵されて輸入される化学物質
     
     ② テスト運転用機械・装置類と共に輸入される化学物質
     
     ③ 固体形態の製品に含有され、使用過程で流出されない化学物質
     
     ④ 調査・研究用で製造・輸入される化学物質
     
     ⑤ その他、大統領令で定める化学物質など
  • タイトル
    化学物質評価及び登録に関する法律(化評法)の主要制度変更事項は。
  • 内容
    化評法制定(法律第11789号2013.5.22制定、施行2015.1.1) 
      - 環境部は有害化学物質から国民の健康と環境を事前予防的に保護し、韓国化学産業の競争力を強化するため、化評法を2013年5月22日に制定・公布した。
     
    ◦ 化評法の主要制度変更事項
     
     ① 新規化学物質有害性審査(既存)⇒化学物質登録制度
     
      - 有害性審査申請を登録制度に再編して「既存化学物質」にまで拡大
     
     ② 有害性管理(既存)⇒有害性審査+危害性評価体系
     
      - 化学物質独自の毒性中心の管理から使用用途と露出程度などを考慮した「危害性管理」を強化
     
     ③ 有毒物、制限・禁止物質(既存)+許可物質(有害化学物質範囲拡大)
     
     
      - 有害化学物質に「許可物質」を追加し、化学物質使用の制限・禁止ではなく許可を通じて代替物質開発を誘導
     
     ④ 危害懸念製品の安全管理制度導入(新設)
     
      - 有害化学物質が含まれた生活用化学製品による被害を防止するため、危害性評価及び安全・表示基準設定などの根拠規定を設定
    <化評法制定による管理体系の変化(緑部分)>
     
    化評法制定による管理体系の変化(緑部分)
  • タイトル
    放置廃棄物処理履行保障制度とは。
  • 内容

    法的根拠廃棄物管理法第40

     

    ◦ 放置廃棄物処理履行保障制度とは廃棄物管理法第40条規定づいて事業場廃棄物対象にする廃棄物処理業者廃棄物処理申告者廃棄物放置ぐための制度であり

     

    廃棄物処理業者廃棄物処理控除組合結成控除組合分担金めて組合組合員放置廃棄物処理するようにしたり保険加入して保険金放置廃棄物処理させるのうちつを選択して処理営業所不渡りや廃業などで発生する放置廃棄物処理履行事前保証するようにする制度

  • タイトル
    国家間移動統制対象廃棄物の収集、運搬保管する時は。
  • 内容
    法的根拠:廃棄物の国家間移動及び処理に関する法律第17条
     
    ◦ 輸出または輸入される廃棄物の運搬・保管・リサイクルなどに関しては、廃棄物の国家間移動及び処理に関する法律第17条の規定に基づいて、廃棄物管理法や資源の節約とリサイクル促進に関する法律が適用される。
     
    ◦ よって、廃棄物を収集・運搬し、輸出する場合には、廃棄物管理法第25条の規定による廃棄物収集・運搬業許可を、中間処分過程を経る場合には、廃棄物中間処分業許可を取らなければならない。
     
    ※「廃棄物の国家間移動及び処理に関する法律」によって、輸入許可を取った者は、輸入した廃棄物を自ら処理したり、委託処理しなければない。(廃棄物管理法第24条の3)
  • タイトル
    ゴミ従量制とは。
  • 内容
    法的根拠:廃棄物管理法第14条
     
    ◦ ゴミ従量制とは、「ゴミの排出量に応じて費用を負担する」という排出者負担原則を適用し、ゴミの発生を源泉的に減らし、リサイクル品の分離排出を促すための政策であり、従前財産税や建物面積などを基準にする定額賦課方式のゴミ手数料賦課システムをゴミ排出量(ゴミ袋使用量)に比例する賦課システムに変更したもの。
     
    ◦ 1995年1月から施行されたゴミ従量制は、生活廃棄物と事業場生活廃棄物のうち、生活廃棄物と性質が類似しているため、生活廃棄物の基準及び方法で収集・運搬・保管・処理できる廃棄物に対して実施しており、施行に必要な細部事項は「ゴミ手数料従量制施行指針」(2012.11.改正)で定めて運用。
     
    ◦ ゴミ従量制によるゴミ排出方法は、自治団体で製作・販売する袋に生活ゴミを入れて排出し、リサイクル品(紙、鉄スクラップ、瓶、プラスチックなど)は自治団体が決める日時・場所に分離排出すれば、無料で収集し、廃家具・廃家電製品などの大型廃棄物はステッカーを購入、付着して排出するなど、別途の手数料を負担させている。割れたガラスのように袋に入れることが難しいゴミは、専用砲台や麻袋などに入れて排出するようにしている。
  • タイトル
    廃棄物処理業の種類は。
  • 内容
    法的根拠:廃棄物管理法第25条
     
    ◦ 廃棄物の収集・運搬、リサイクルまたは処分を生業としようとする者(食品廃棄物を除いた生活廃棄物をリサイクルしようとする者と廃棄物処理申告者は除く)は、環境部令で定めるところに従って、指定廃棄物を対象にする場合、廃棄物処理事業計画書を環境部長官に提出し、その他の廃棄物を対象にする場合には市・道知事に提出する。
     
     
    ◦ 廃棄物収集・運搬業:廃棄物を収集してリサイクルまたは処分場所に運搬したり廃棄物を輸出するために収集・運搬する営業
     
    ◦ 廃棄物中間処分業:廃棄物中間処分施設を備えて廃棄物を焼却処分、機械的処分、化学的処分、生物学的処分、その他に環境部長官が廃棄物を安全に中間処分できると認めて告示する方法で中間処分する営業
     
    ◦ 廃棄物最終処分業:廃棄物最終処分施設を備えて廃棄物を埋め立てなど(海域排出は除外する)の方法で最終処分する営業
     
    ◦ 廃棄物総合処分業:廃棄物中間処理施設及び最終処分施設を備えて廃棄物の中間処分と最終処分を共に行う営業
     
    ◦ 廃棄物中間リサイクル業:廃棄物リサイクル施設を備えて中間加工廃棄物をつくる営業
     
    ◦ 廃棄物最終リサイクル業:廃棄物リサイクル施設を備えて中間加工廃棄物を第13条の2による用途または方法でリサイクルする営業
     
    ◦ 廃棄物総合リサイクル業:廃棄物リサイクル施設を備えて中間リサイクル業と最終リサイクル業を共に行う営業
  • タイトル
    気候変動枠組み条約に対する韓国政府の対応方策は。
  • 内容
    ◦ 現在、韓国は京都議定書上の削減義務を負っていない国であるため、2020年までは気候変動枠組み条約による温室効果ガスの削減義務はない。
     
    ◦ 但し、現在、国際社会は2020年以降、全ての締約国が参加する新たな枠組み作りを議論しており、2015年までまとめる予定だ。
     
    ◦ 韓国政府は、2020年まで国内法上明示された中期国家温室効果ガス削減目標を達成するために、排出権取引制度、低炭素車協力金制度など、様々な政策手段を盛り込んだ削減ロードマップを樹立・履行する計画であり、
     
    *「低炭素グリーン成長基本法」施行令第25条、2020年(BAU:Business As Usual) 比30%削減
     
    ◦ GCF誘致国として先進国と発展途上国の仲介役を充実に行う一方、自主的なPost-2020削減公約の樹立準備など、今後、新しい枠組みに参加するため、できる限りの努力を尽くす。
  • タイトル
    環境アセスメントを実施しなければならない対象事業の種類及び手続とは。
  • 内容
    法的根拠:環境アセスメント法第22条、施行令別表3
     
    ◦ 環境アセスメントは、環境に影響を与える実施計画・施行計画などの許可・認可・承認・免許または決定など(以下「承認等」)を下すとき、該当事業が環境に与える影響を事前に調査・予測・評価し、自然環境を害する環境影響を避けたり、除去または減少させる案をまとめることをいう。
     
    ◦ 環境影響評価対象は、都市の開発事業など、17の分野(施行令別表3参照)、災害応急措置事業、軍事・国家安保上高度の機密保護事項などは除外。
     
    ◦ 環境影響評価の手続きは、事業者が環境影響評価書又は評価書草案の作成において環境影響評価の実施を環境影響評価の代行者に任せることができる。また、評価時には住民及び関係行政機関の意見を収集した後、環境影響評価協議機関(事業承認機関が中央行政機関である場合には環境部、その外は地方環境管理庁)に協議を要請すれば良い。
  • タイトル
    戦略環境アセスメント協議対象及び協議手続きは。
  • 内容
    法的根拠:環境アセスメント法第9条、施行令別表2
     
     ◦ 開発事業に先立つ上位段階の政策(Policy)、計画(Plan)、プログラム(Program)を樹立する時、経済・社会的影響と共に、環境的影響を統合考慮して持続可能な発展を成し遂げる体系的意思決定支援手段である。
     
    ◦ 環境に影響を与える上位計画を樹立するときに、環境保全計画との符合可否確認及び代案の設定・分析などを通じて、環境的側面から該当計画の適正性及び立地の妥当性などを検討して国土の持続可能な発展を図るためのもの。
     
    戦略環境アセスメント対象計画は、環境アセスメント法第9条及び同法施行令別表2に規定された15の政策計画と86の開発基本計画(施行令別表2)を対象にする。
     
    ◦ 協議手続きは、計画樹立機関の長が評価準備書を作成して、環境アセスメント協議会の審議を経て、評価項目・範囲などを決めなければならなく、決定された戦略環境アセスメント項目などに合わせて、戦略環境アセスメント書草案を作成(行政機関以外のものが提案し、樹立される開発基本計画の場合には開発基本計画を提案する者が戦略環境アセスメント書草案を作成)した後、関係行政機関及び住民などの意見を集めて住民、関係行政機関の意見を反映した戦略環境アセスメント書を作成し、承認機関に提出すれば承認機関の長は協議機関の長に戦略環境アセスメント協議を求める必要がある。

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

2015外国人投資相談Q&A事例集(英語版)

더보기