• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

韓国のFTA発効の現況

韓国・EFTA FTAの発効

2006年9月1日発効!韓国・EFTA自由貿易協定

欧州自由貿易連合(EFTA)とのFTAは、韓国がそれまでに締結したFTAの中で経済規模も大きく、

地域ブロックを対象にした最初のFTAとしての意味があります。また、EFTAは事実上欧州市場と同じ経済圏であり、

EFTAとのFTA締結は巨大なEU市場に韓国の企業と製品が進出できる機会になると期待されます。

1. 妥結の意義
  • 韓国が先進経済圏と締結した初のFTA(EFTAは韓国がFTAを締結した初の先進経済圏であるとともに欧州経済圏)

  • 韓国産業のバランスの取れた発達を促す役割(韓国経済の産業間不均衡発展を明確に認識した上で比較劣位産業を発展させるのに韓国・EFTA FTAが触媒の役割を果たせると期待される)

  • 投資環境の改善による投資の活性化(従来の投資協定を大幅に改善して投資者保護水準を強化するなど、投資環境を改善)

  • 韓国製品のEFTA市場進出拡大(韓国から輸入されるあらゆる製品(工業製品、水産物)に対して発効後直ちに関税が100%撤廃され、韓国製品の市場進出拡大が図れる)

  • 欧州連合(EU)とのFTA推進に向けた環境づくり(韓国・EFTA FTA発効後の様々な効果を予測することによってEUと交渉を進めるのが容易になると予想される)

  • 産業の相互補完による相互利益の増大(産業内貿易の割合が低く産業間貿易が大半を占める相互補完的な産業構造の両地域間貿易がFTAによって大きく増加するなど、相互利益が増大)

  • 開城工業団地生産品に対する関税特恵確保(開城工業団地事業推進の意義と北東アジアの平和・安定の重要性を認めてWTO規定上の義務に違反しない方法を話し合った末、域外加工に対する特例を認める形でこれを処理することに合意)

  • 欧州における韓国商品の認知度向上(欧州で認知度が低い韓国(製品)のイメージアップを図り、韓国商品・企業の欧州進出にプラスの効果をもたらす)
2. EFTA市場の重要性
  • EFTAは1960年、関税同盟を目指す欧州経済共同体(EEC)に対抗してイギリス、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、スイス、オーストリア、ポルトガルの欧州7カ国が独自に結成した自由貿易連合で、1990年代以降は域外国との積極的な経済協力を追求し、現在世界で最も幅広く自由貿易協定を締結している経済同盟の1つ。

  • 2009年ベース(EUROSTAT統計)でEFTAに加盟している4カ国のGDP合計が6,393億ユーロに及ぶ世界でも富裕国の連合体。

  • 2010年の総貿易額は5,268億ユーロと主要経済圏の中で最高水準。
    オイル、ガス、魚類、医薬品、時計、機械類、金融サービス、海運部門で世界的な競争力を保有。

ご提供する情報はユーザーの理解を助けるためのものであり、本情報の内容の誤りや利用に伴う結果については法律的な責任を負いません。
本情報は参照目的でのみご利用頂き、最終的な情報は権限のある国内外の行政機関または法律からご確認ください。

本情報はKITAよりご提供します。

提供機関へのリンク原文へのリンク

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

膨大なFTAネットワーク

더보기

韓国のFTA推進の概況

더보기