• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

韓国のFTA発効の現況

韓国・欧州連合FTAの発効

2011年7月1日発効!韓国・欧州連合自由貿易協定(FTA)

27カ国が加盟(2011年ベース)している欧州連合(EU)は、世界最大規模の単一経済圏であり、

韓国の主要貿易相手であるとともに投資パートナー、国益を最大化できるFTA相手国です。

韓国・米国FTAに劣らない経済効果が期待され、韓国にとって欧州・東アジア・米国をつなぐ

「グローバルFTAハブ国家」への道が大きく開かれました。

1. 妥結の意義
  • アジアの国がEUと締結した最初のFTA(日本や中国などの主要競争相手国より先にEU市場へのアクセスが容易になり、競争優位を確保)

  • 様々な経済機会の提供(28カ国で構成されるEUは、先進国から新興国まで幅広い市場が共存して投資機会を提供)

  • 経済システムの先進化(韓国・欧州連合FTAは韓国における制度と慣行の先進化を加速させ、経済の透明性と予測可能性を高めて韓国の経済システムを全般的に向上させるとともに、成長エンジンを生み出す効果をもたらすと予想される。経済、文化、教育などの様々な分野で発展する契機になるとみられる)

  • 国の威信向上(韓国にとって欧州・東アジア・米国をつなぐ「グローバルFTAハブ国家」への道が大きく開かれた)

  • 米国とのFTA推進に向けた環境づくり(韓国・欧州連合FTA発効後の様々な効果をもとに韓米FTAの効果を予測することにより、米国と交渉を進めるのが容易になると予想される)

  • 消費者厚生の増大(生活必需品とサービスの価格が下がって選択肢が広がるため、国民生活の質が向上。金融・法律・会計市場などの開放によってハイクオリティな専門サービスを安く利用可能)

  • 新たな活気をもたらす(韓国・欧州連合FTAは、両地域間の貿易を活性化するとともにEUや第三国からの対韓投資を促進し、韓国経済の成長潜在力を大きく高めて雇用創出に貢献すると予想される)
2. EU市場の重要性
  • EUは欧州連合(European Union)の略称でドイツ、フランス、イタリア、イギリス、スペイン、ポーランド、ルーマニア、オランダ、ベルギー、ギリシャ、ポルトガル、チェコ、ハンガリー、スウェーデン、オーストリア、ブルガリア、デンマーク、フィンランド、スロバキア、アイルランド、リトアニア、ラトビア、スロベニア、ルクセンブルク、エストニア、キプロス、マルタ、クロアチアの28カ国が加盟しており、経済統合に止まらず政治的統合も進められる過程にあり、2009年11月に欧州連合の初代「大統領」(正式名称は欧州理事会常任議長)を選出(総人口約5億人、総面積約432万km²)。

  • 2010年のGDPは16兆2,822億ドルで全世界GDPの3分の1を占める世界最大の経済圏。

  • 2010年における韓国の総貿易額は8,916億ドルで、そのうち対EU貿易額は922億ドル(2位)、輸出は535億ドルでそれぞれ米国(貿易額902億ドル、輸出498億ドル)より大きく、対EU貿易収支は148億ドルの黒字となっており、韓国にとって最大の貿易黒字相手地域。対韓直接投資(FDI)に関しても2009年までの対韓投資が累計で564.4億ドルに及び、米国(418.1億ドル)より投資額の多い第一の投資元地域である。

  • 輸出拡大や外国からの投資増大だけではなく、先進経済圏とのFTAによる経済システムの先進化などで、韓国・米国FTAに似た実質GDP増加などのマクロ経済効果が期待される。

  • 製造業の場合、自動車、繊維、電子など韓国主要輸出品のEUにおける市場規模は米国を上回っており、関税率(4.2%)も米国(3.7%)より高いことから、大きな経済効果が期待される。また、韓国の主力輸出品目である自動車に対する関税率は10%(米国:2.5%、韓国:8%)に及ぶ。

ご提供する情報はユーザーの理解を助けるためのものであり、本情報の内容の誤りや利用に伴う結果については法律的な責任を負いません。
本情報は参照目的でのみご利用頂き、最終的な情報は権限のある国内外の行政機関または法律からご確認ください。

本情報はKITAよりご提供します。

提供機関へのリンク原文へのリンク

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

膨大なFTAネットワーク

더보기

韓国のFTA推進の概況

더보기