• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

韓国のFTA発効の現況

韓国・ペルーFTAの発効

2011年8月1日発効!韓国・ペルー自由貿易協定(FTA)

2011年3月21日に正式に署名され、6月29日に韓国の国会で批准同意案が可決されて韓国・ペルーFTAが発効しました。 韓国・ペルーFTAは2004年に発効した韓国・チリFTAとともに韓国の南米地域進出の足がかりを拡大し、

両国間の資源協力及び投資の拡大に貢献すると期待されます。

1. 妥結の意義
  • 中南米進出の足がかりを確保(韓国・チリFTA(2004年発効)に続いて韓国の南米地域進出の足がかりを拡大し、両国間の資源協力及び投資の拡大に貢献すると期待される)。

  • 資源の安定的な確保(2010年のGDPは1,528億ドルで世界50位。銀(埋蔵量1位)、亜鉛(埋蔵量3位)、スズ(埋蔵量3位)、金(埋蔵量5位)、銅(埋蔵量3位)などの埋蔵量が世界でも有数。コロンビア、MERCOSUR(メルコスール、南米南部共同市場)などとのFTA妥結に向けた環境づくり。

  • 消費者厚生の増大-ペルーから農水産物や繊維類などが安い価格で輸入されるなど、庶民に密接な品目の物価が下がって消費者の選択肢が広がり、国民生活の質が向上。
2. ペルー市場の重要性
  • ペルーは安定的な経済成長を遂げている開放型国家。資源が豊富で地政学的に中南米市場進出の足がかりとしても重要。

  • GDPは1,528億ドル(2010年、IMF調査)で、銀(埋蔵量1位)、亜鉛(埋蔵量3位)、スズ(埋蔵量3位)、金(埋蔵量5位)、銅(埋蔵量3位)などの埋蔵量が世界でも有数。

  • 最近の世界的な金融危機にもかかわらず、豊富な天然資源をもとに継続的な成長を保っており、政治的に安定した国政運用を目指している。資源富裕国であるペルーは、韓国の戦略的資源協力パートナーに位置づけられている。

  • 総人口約29百万人、総面積約129万㎢(朝鮮半島の約6倍)で、自動車やテレビ、医薬品などは9%の高い関税率を維持していることから、FTA締結が対ペルー輸出競争力のキーポイントになると予測される。また、最近の建設需要増加、クリーン開発メカニズム(CDM)の拡大、整形手術市場の拡大といった新しいトレンドによって関連品目の輸出も有望な見通し。

ご提供する情報はユーザーの理解を助けるためのものであり、本情報の内容の誤りや利用に伴う結果については法律的な責任を負いません。
本情報は参照目的でのみご利用頂き、最終的な情報は権限のある国内外の行政機関または法律からご確認ください。

本情報はKITAよりご提供します。

提供機関へのリンク原文へのリンク

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

膨大なFTAネットワーク

더보기

韓国のFTA推進の概況

더보기