• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

韓国のFTA発効の現況

韓国・シンガポールFTAの発効

2006年3月1日発効!韓国・シンガポール自由貿易協定(FTA)

韓国・チリFTAに太平洋を挟んだ遠距離貿易拠点国の確保という意義があるとすれば、

韓国・シンガポールFTAは東アジアの主要貿易相手国とFTAを本格的に推進する第一ステップとみることができます。

1. 妥結の意義
  • 国際ビジネス拠点との戦略的連携(経済システムの先進化とサービス部門の競争力強化、投資拡大が期待される)

  • 北東アジアと東南アジアのハブをつなぐFTA(北東アジアの経済ハブを目指すシンガポールと韓国のFTAによって結びつきを深め、東南アジアへの進出を促進できる基盤を強化)

  • 包括的なFTAによる両国間の貿易投資拡大及び円滑化(WTO体制下の貿易自由化とは別に、韓国の実情を適切に反映した貿易自由化方式(FTA)を採択)

  • 開城工業団地生産品の海外販路開拓に向けた先例を作る(開城工業団地生産品が韓国を経てシンガポールに輸入される場合は韓国製とみなして特恵関税を適用)
2. シンガポール市場の重要性
  • シンガポールは小さな都市型国家だが、2010年(IMF調査)の1人当たりGDPが43,116ドルに及ぶ経済大国で、GDPは2,227億ドル、総貿易額は230.9億ドル。

  • シンガポールは世界2位の貿易港があり、世界4大外国為替市場、世界5大国際金融センター、世界3大石油化学センターの1つであるとともに、東アジア最高のビジネス中心地。

  • シンガポールは都市型開放経済体制で対外貿易依存型経済構造のため対外通商政策を積極的に推進しており、経済関係が緊密な国々とのFTA締結によってFTAハブとして成長している。

ご提供する情報はユーザーの理解を助けるためのものであり、本情報の内容の誤りや利用に伴う結果については法律的な責任を負いません。
本情報は参照目的でのみご利用頂き、最終的な情報は権限のある国内外の行政機関または法律からご確認ください。

本情報はKITAよりご提供します。

提供機関へのリンク原文へのリンク

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

膨大なFTAネットワーク

더보기

韓国のFTA推進の概況

더보기