• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

韓国のFTA発効の現況

韓国・トルコFTAの発効

2013年5月1日発効!韓国・トルコ自由貿易協定(FTA)

有望な新興国として注目されるトルコは地政学的重要性、市場潜在力、巨大市場との隣接性など、

有望市場としての条件を揃えている主要国家です。また、トルコは欧州連合(EU)と関税同盟を締結している上、

欧州に比べて安く、豊富な労働力を持っていることから、グローバル企業の生産基地として位置づけられています。

1. 妥結の意義
  • 経済的潜在力

    2011年にトルコはIMFなど主要国際機関の予想値(7.5%)より高い経済成長率(8.5%)を記録。


  • 国際的評価の改善

    世界の主要格付け会社であるMoody'sやFitch Ratingsなどがトルコの格付けを上方修正し、トルコ市場の重要性が注目されている。


  • 巨大市場進出の足がかり

    経済規模が世界最大のEU市場に進出する足がかりとして非常に重要(1995年12月にEUと関税同盟締結)。


  • 地政学的な重要性

    欧州・アジア・中東をつなぐ地政学的な要衝、イスラム文化圏で中東市場の玄関口、中央アジア・アフリカ進出の足がかりとしても重要。

2. トルコ市場の重要性
  • 2011年のGDPは7,726億ドル、1人当たり国民所得は10,491ドルで、現在着実に増加傾向を見せている。

  • トルコは2012年ベースで人口7千4百万人の巨大な内需市場を有しており、特に若年人口が多いため豊富な労働力と今後の購買力拡大が期待される。

  • トルコからの輸入品は農水産物の割合が小さく、主に鉱物製品を輸入しているため関税撤廃の影響は微々たるものになると予想される一方、韓国の主力輸出品である工業製品は7年以内に全品目の関税が撤廃され、その効果が期待される。

ご提供する情報はユーザーの理解を助けるためのものであり、本情報の内容の誤りや利用に伴う結果については法律的な責任を負いません。
本情報は参照目的でのみご利用頂き、最終的な情報は権限のある国内外の行政機関または法律からご確認ください。

本情報はKITAよりご提供します。

提供機関へのリンク原文へのリンク

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

膨大なFTAネットワーク

더보기

韓国のFTA推進の概況

더보기