• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

韓国のFTA発効の現況

韓国・米国FTAの発効

韓国・米国自由貿易協定(FTA)

米国は2010年のGDPが韓国の14倍に及び、韓国にとって2位の輸出相手国で、総輸出の10.7%を占める

非常に重要な市場です。貿易依存度が87.9%に上る韓国は、米国とのFTA交渉によって貿易増大、投資増大を通じた

雇用創出と経済規模の拡大、財政収入増大を図り、社会的弱者に対する社会的セーフティネットを拡大して

グローバル化の効果を最大化するための経済システムを発展させていきます。

1. 妥結の意義
  • 世界最大市場の安定的な確保(関税など取引コストの削減、通商摩擦の緩和)

  • 生産・雇用・貿易及び対韓直接投資(FDI)の増大(米国市場の先取り、企業環境の改善、産業効率の向上)

  • 経済社会システム先進化の契機(グローバルスタンダードの定着、サービス部門の画期的な改善、国民の生活の質向上、安い価格、選択肢の拡大、消費者厚生の増大)

  • 対韓投資の増大(安保リスクの緩和、対外信用度の向上)
2. 米国市場の重要性
  • 米国は世界GDPの23.3%(2010年、IMF調査)を占める世界最大の市場で、韓国は過去40年間、米国に商品を輸出することによって経済発展を遂げてきたと言える。

  • 米国は世界の経営手法トレンドをリードする国。世界最高水準の先進制度を備えて世界の情報知識化をリードしている米国との競争・協力は、世界との競争・協力で有利になることを意味し、これによって競争相手国よりも先に知識情報市場を確保してシェアを維持・拡大できる。

  • 優れた新技術を世界で最も多く保有する米国は、各国の競争力を見極める最大の「テストマーケット(Test Market)」。米国市場で商品とサービスを相応の価格で売り、競争力を認められれば欧州やアジアなどでも通じる。米国市場を無視して経済の飛躍的発展は不可能。

ご提供する情報はユーザーの理解を助けるためのものであり、本情報の内容の誤りや利用に伴う結果については法律的な責任を負いません。
本情報は参照目的でのみご利用頂き、最終的な情報は権限のある国内外の行政機関または法律からご確認ください。

本情報はKITAよりご提供します。

提供機関へのリンク原文へのリンク