• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

世界最高のイノベーション環境

韓国は、ICTのプラットフォームやプロセスを含む多くの分野で世界をリードするグローバルな国です。

革新的な国

2019年、ブルームバーグが世界50ヵ国を対象に行った「グローバル・イノベーション指数(GII)」において、

R&D支出集約度、製造業の付加価値、先端技術の集約度どの項目で高い評価を受け、6年連続1位を記録しました。

こうした強みは、多くの外国企業が対韓投資を決定する重要な理由の一つです。

2019年 ブルームバーグの「発展指数」

 

* 資料: Bloomberg(2019年1月)

ICTイノベーション能力

韓国は情報通信技術(ICT)の分野をリードしています。2017年、国際電気通信連合(ITU)が発表した世界ICT開発指数(Measuring the Information Society Report 201や)で、 韓国は176カ国のうち第2位となりました。
韓国のICTは、バイオテクノロジー、金融、物流、観光、文化など、幅広い分野でICT融合を実現することで、産業価値の増大に
貢献しています。 サムスン電子、LG電子、現代自動車など韓国のグローバル企業の競争力は、
生産プロセスを適時に、正確な方式で維持・向上させる能力に基づいています。
このようなプロセス・イノベーションの力は、韓国企業のみならず、これに注目した外国企業にとって、
成功に向けた足がかりとして位置づけられています。

2015年のICT開発指数

  • スイス
  • アイスランド
  • 中国
  • デンマーク
  • 韓国

    2位 (2017)

    1位 (2010, 2015, 2016)
  • イギリス
  • 日本
  • 1位
  • 3位
  • 4位
  • 5位
  • 10位
  • 80位

* 資料 : ITU (2017) "Measuring the information ciety Report 2017"

第4次産業革命

第4次産業革命とは、人工知能、ビックデータなどデジタル技術による超連結性を基盤とする知能型革命として
産業のみならず国家システム、社会、生活全般において革新的な変化をもたらすことを意味します。
特に、ネットワーク(IoT, 5G), ビックデータ(Cloud, Big Data), 人工知能 SW(機械学習, アルゴリズム)などのデジタル技術が
各分野の基盤技術と融合し、第4次産業革命を牽引しています。

第4次産業革命委員会

韓国政府は大統領直属の第4次産業革命委員会を『第4次産業革命委員会の設置および運営に関する規定』に基づいて新設し、次に掲げる事項の審議·調整を行う。


  • 第4次産業革命に対する総合的な国家戦略
  • 第4時産業革命の関連部署別実行鋭角と主要政策
  • 第4次産業革命の根幹となる科学技術発展の支援、人工知能·ICTなど核心技術の確保および
    技術革新型研究開発の成果創出強化に関する事項
  • 全産業の知能化推進を通じた新産業·新サービス育成に関する事項など

 

 

 

한국 8.84
아이슬란드 8.74
덴마크 8.83
스위스 8.68
영국 8.57
스웨덴 8.67
第4次産業革命委員会
支援団
革新委員会
特別委員会
科学技術
産業経済
社会制度
スマートシティ
ヘルスケア
科学技術情報通信部
未来展望、問題分析

核心課題の導出、支援
革新政策の
履行
政策方向性の共有
政策調整
教育部
企画財政部
中小企業部
産業部
行政安全部
国土部
雇用部
福祉部
自治体

革新成長の戦略投資

韓国政府は革新成長に向けて4大政策方向性を基に8大先導事業を選定し、着実に支援を行ってきました。
特に、今年には5兆ウォンの予算を投入し、個別企業レベルでは投資しにくいフラットフォーム経済の実現を
国レベルで戦略的に投資することにしました。

  • ㆍブロックチェーン
  • ㆍ共有経済
  • スマートファム
  • フラットフォームㆍ生態系の造成
  • 未来自動車
  • スマートシティ
  • スマート工場
  • エネルギー新産業
  • 社会制度の革新 

  • 産業革新

  • 人材革新

  • 科学技術の革新

  • ドローン
  • バイオヘルス
  • 革新的な人材育成
  • 水素経済

  • 人工知能(AI)

  • データ経済

* 資料: 企画財政部主催「革新成長に向けた関係長官会合」(2018年)