• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

最高の立地条件

韓国は、世界三大経済中心地として浮上する北東アジアの中心に位置しています。

韓国の戦略的位置

世界人口の4分の1が居住している北東アジアは、世界GDPの約25%を占めています。韓国の半径2,000km以内には61都市と4億9千8百万人の消費者から構成される市場が存在します。中国、日本そして韓国はアジアでのビジネスを拡大するために、重要なグローバルビジネスハブです。

  • 61都市
  • 4億 9千 8百万人
  • 中国
  • 日本
  • 韓国

* 資料 : Citymayors statistics, distancecalcutor.net

北東アジアの物流ハブ

経済規模において世界第2位の中国と第3位の日本の間に位置している韓国は、
人口100万人以上の147都市から飛行機で3時間以内にアクセスすることができます。
仁川国際空港は、国内外の83社の航空会社を通じて54ヵ国175都市に航空便が就航しており、
特に、中国は13の航空会社が運行しています。
仁川国際空港の国際旅客は約6800万人で、前年比10%以上増加しました。
また、韓国最大の港である釜山港は世界主要航路の中心に位置し、
中国(78)、日本(84)、東南アジア(148)、北米(75)を含む、世界の536
定期コンテナ船を運航しています。 
今後、仁川、光陽湾、セマングムと中国の港を結ぶ新しい「ミルクラン」(Milk Run:巡回集貨)の路線が拡大され、
日本の物流ネットワークとのより緊密な統合が実現すれば、
韓中日の物流中心地として韓国は浮上するでしょう。

*出所:仁川国際空港(2019年3月基準)、釜山港湾公社(2018年1月基準)

韓国からユーラシアまで

北極航路の拡大によって、韓国はユーラシア地域に向けた物流の中心地として発展できる潜在能力を持っています。

釜山からスタートし、ウラジオストクを経てヨーロッパに向かう北極航路の拡大により、

ロッテルダムまでの運航距離は7,000キロ、運航時間は10日以上、

そして輸送料金は15%以上削減できると期待されています。

北極航路
North Pole Route 15,000KM
Busan->vladivostok->EU(Rotterdam)
Exising route 22,000KM
Busan->EU(Rotterdam)

* 資料:IMFand EU website of Oceans and Fisherles