• go facebook
  • go twitter
  • go blog
  • go youtube
  • go linkedin
  • go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

投資ニュース

2018.04.20
閲覧数 :
57
台湾の半導体メーカー、韓国天安に工場増設へ

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】パク・ジュヨン記者=世界3大の半導体用シリコンウェハ(シリコン基板)製造メーカーである台湾のグローバルウェーハズ(GlobalWafers)が韓国忠清南道の天安に工場を増設する。

ソ・チョルモ企画室長は17日、台湾のGlobalWafers本社でドリス・シュ会長と業務協約(MOU)を締結した。

GlobalWafersは天安市の韓国法人である「MEMCコリア」内の9千550㎡敷地に300mmシリコン基板製造工場を増設する。

これに向けて、2020年まで外国直接投資(FDI)480億を含め、総額2億ドル(約2千138億ウォン)を投資する計画だ。

今回の投資を通じて、今後5年間で新規雇用185人、売上9千億ウォン、2兆7千300億ウォンの生産誘発効果が予想される。

特に、世界半導体市場のニーズが次世代型300mm新型シリコン基板へと移りつつある中で、300mmシリコン基板の最大生産国である韓国が世界市場をリードするチャンスになるか期待が集まっている。

台湾の台北市に本社を持つGlobalWafersは2011年設立され、世界14カ国に26社の系列会社を有している。昨年末の世界市場シェア18%で世界3大ウェハ製造メーカーの一つとなった。

jyoung@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2018.04.17)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
次へ
ICT輸出、10年ぶりに最高値更新…半導体が牽引
前へ
世界韓人会長大会 10月にソウルで開催

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

IKニュース

더보기