• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

投資ニュース

2019.05.08
閲覧数 :
115
韓国投資外国企業、役員・管理者のビザ取得が容易に

聨合ニュースによると、

 


【ソウル聯合ニュース】キム・ケヨン記者=韓国でビジネスをする外国投資企業が、外国人を役員や管理者として派遣を受けることがもっと間単になる見通しだ。

法務部によると、外国人投資活性化のために、企業投資・技術創業のビザ制度を改善し、1日から施行することを明らかにした。

法務部は外国人投資企業の役員・管理者の制限を雇用・納税などの実績によって、大幅に緩和することにした。

外国人投資企業は6ヵ月以上雇用した韓国国民3人当たり1人の外国人役員・管理者を派遣を受けられるようになる。

年間納税実績1億ウォン当たり1人、年間売上高10億ウォン当たり1人など、国内経済活動の実績によって追加雇用も可能。

今までは投資金額だけ基準で1億ウォン当たり1人ずつビザを発給した。

優秀な技術力を持っている外国人に発給する予備技術創業ビザ(D-10-2)の学歴要件も廃止した。

グローバル創業移民センターで推薦を受ければ、従来のように学士以上の学位を提示する必要なくビザを受けることができる。

外国人企業投資ビザ(D-8)の基準も海外の流入投資資金5億ウォン以上から3億ウォン以上に緩和した。

また、予備技術創業者が実力を認められ、国内外の投資専門会社から1億ウォン以上の資金を誘致すれば、技術創業(D-8-4)ビザを発給することにした。

法務部は「外国人投資誘致と技術創業のための滞在環境を改善し、雇用創出と国内経済の活性化に貢献することが期待される」と述べた。

dada@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.05.01)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。
次へ
ソウルで開催のビューティー博覧会 3日間で6万人来場
前へ
東横インが韓国・大邱にオープン 来年は同地に2号店も

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

IKニュース

더보기