• go rss
상단검색

日付順   :

~

表示順   :

成功事例

2019.09.30
閲覧数 :
343
[ その他 / 大韓民国 ] ムン・フィチャン、キム・ジンチョル韓国投資広報大使に会う


本紙は新任韓国投資広報大使のムン・フィチャン教授とキム・ジンチョル教授から、韓国の投資環境について意見を聞いてみた。


ムン・フィチャン教授とキム・ジンチョル教授は2019年8月28日に新任韓国投資広報大使に任命された。各自の分野で豊富な経験と専門知識を持ち、韓国の活発な投資環境の広報に適任者と評価されている。本紙は投資対象地としての韓国に対する彼らの見解を聞いてみた。

ムン教授は韓国の国家競争力について多くの研究を行ったんですが、投資対象地として韓国の主なメリットは何だと思いますか。

ムン・フィチャン(以下「ムン」):第一に、韓国は地理的利点があります。大西洋を渡って一番最初に向き合う所なので、事実上アメリカからアジアに入るためのゲートウェイです。アジアでビジネス拡張に理想的な位置になります。また、韓国は日本、中国、ロシアの中間に位置しているので、ビジネスハブの役割を果たすにも最適の位置です。ビジネスハブとしての役割を果たすには規模が小さいほど有利です。それでヨーロッパではベルギー、スイス、あるいはオーストリアがビジネスの中心地として活躍しています。大手企業や大国の場合、常にヘゲモニーという問題があるからです。もちろん韓国と日本の間には緊張関係がありますが、中国と日本の関係にはもっと大きな緊張があります。このような点で韓国がもっと理想的なビジネスハブになります。

第二に、韓国は未来の成長可能性が高いです。韓国は多くの人材と非常に競争力のある産業を保有しています。韓国の主要5大産業は鉄鋼、自動車、造船、電子、石油科学です。 この代表的な産業分野で世界的に活躍する企業を全て持っている国はおそらく韓国が唯一です。代表的な企業であるサムスン、現代、ポスコを含め、韓国の大企業は世界的な大企業でもあります。また、一滴の石油も出ない韓国ですが、南部に巨大な化学団地が造成されています。韓国にはこのように優秀な産業分野があり、外国人投資を誘致する余地が大きいです。

最後に、K-POPやメディアで報じられるように、韓国はとても魅力的な文化を持っています。韓国は後進国から先進国へと発展したほぼ唯一のケースです。経済的に韓国のようにあまりにも早く成長すると、文化的な成長が伴わないのが一般的です。しかし、韓国の文化発展はもう経済的発展を乗り越えて例外的なケースになったので、明るい未来があると思います。韓国は最近、いわゆる30-50クラブに加入しましたが、これは1人当たりの国民所得が3万ドル以上であり、人口5千万人以上の条件を満足する国家を意味します。もともとこの二つの条件をすべて満足する国は英国、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ、日本など6ヵ国でした。しかし、もう韓国がこのようなレベルに達するようになり、事実上G7に属するとすると言えるでしょう。

業界とビジネスの経験に照らしてみると、投資対象地として韓国の主なメリットは何でしょうか。

キム・ジンチョル(以下「キム」):韓国は基礎研究能力は劣るが、産業化技術が優れています。私はこの能力が韓国の大きな強みだと思います。

最近30年間、韓国は先進国から導入した技術を消化し、独自の技術に発展させてきました。これは中国のように政府が主導的に行ったのではなく、各企業が主導したことに注目すべきです。韓国の各企業は企業家精神を持って新しいものを作り出そうとし、優れた技術を企業のものにしようと努力しました。現在のサムスンや現代、そしてLGはこのような過程で発展するようになったのではないかと思います。

私が現代のエンジニアリングで勤めた時、勤務初期の海洋精油採取技術は先進国の技術で設計しましたが、数年後、私たち自ら基本設計ができるように努力しました。このような努力の結果、2000年代に世界の海洋油田設備を100%受注することにする動力になったと思います。

韓国の歴史、経済、文化の中で最も魅力的な部分と言えばどんな点でしょうか。

ムン:韓国には急ぐ文化、あるいは「早く早く」文化があると言われることがあります。良い意味ではないという主張もありますが、私は経済的な面で非常に重要で肯定的な文化的要素だと思います。労働費用において見てみましょう。もし作業の質が同じだと仮定すると、労働コストが同一な状況で一国がより速いペースで完了できれば、全体的な労働コストは削減されます。もちろん、早くばかりでなく、良い結果を出せるように正確でなければなりません。つまり、速度に正確性が加わるのが理想的ですが、これが韓国では可能なことです。

また、韓国人はとても意欲的です。過去には韓国人の時間を守らない習性を指摘する「コリアンタイム」という言葉があったんですが、この50年の間、韓国人はより良い生活に向けて非常に高い意欲を見せており、これは現在韓国の高い教育水準でも明らかになっています。韓国人の高い生産性と意欲の源泉は文化から求めることができ、経済にもプラスの効果をもたらしています。

海外企業が韓国投資に関心があると思いますか。どんな部門/機会に一番関心が高いでしょうか。

ムン:韓国は地理、多様な産業、人材、ダイナミックな文化などの長所を持っており、これらの要素で韓国は魅力的な投資対象地になります。いまだに韓国政府は製造業とグリーンフィールドへの投資に関心を持ち、このような分野への投資誘致を強調しています。しかし、製造業はベトナムやインドネシアのような発展途上国または新興国でもっと目立ち、韓国は製造業が中心になってはならないレベルに発展したと思います。グリーンフィールド投資は製造業の初期で企業が工場を設立する段階ですが、韓国にはすでに工場は十分で、投資家も過去とは違う投資を考慮しています。具体的に、投資家らは相対的に製造業よりあまり発達していない韓国のサービス分野にもっと関心があります。また、グリーンフィールド投資のための工場設立より、M&Aにもっと関心があるでしょう。

キム:韓国は技術先進国です。そのため、韓国に投資するほとんどの企業は韓国の技術と関連する需要があるでしょう。第一に、最高の技術力を保有している韓国市場に納品を希望するケースです。現在としては半導体、自動車産業などが代表的なケースだと言えます。特定の産業が世界的な技術を主導している場合、それに関連する材料、ソフトウェア、技術、機械、電子、ロボットなど数多くの派生産業分野で韓国市場を目指すでしょう。ただし、この当該産業が退歩したり現地のライバル会社が成長する場合、ともに揺らぐ危険性があります。

第二に、資金力はあるが技術力が足りなくて韓国の技術を提供してもらいたいケースです。今後は資金力の優れる産油国、中国、インドなどに韓国の技術を提供し、資金を誘致する形の投資誘致も行われると思います。

 今後、韓国への投資は技術と関連があるので、私たちは韓国のどの産業が技術のチェーンで頂点にあるのか把握していなければなりません。世界的な技術力を保有している韓国の有望産業をよく活用すれば、外国人投資を誘致することができるでしょう。また、4次産業が到来した今、どんな新しい産業が成長し世界を主導するか、よく見なければなりません。

 さらに、私は個人的に環境産業に注目しています。将来的には地球の環境を保全する産業が世界を主導し、持続可能な発展を遂げることを予想します。航空産業、水処理産業などが主力産業となり、これを支援する材料、電子、機械装置産業も同時に注目すべきだと思います。

何が韓国を革新的な国に作るんでしょうか。

ムン: 多くの人が革新について間違って考える部分があります。多くの人が破壊的革新を果たすために、全く違う思考が必要だそうですが、真の革新は今日の成功事例を学習し、ここに何かを加えることです。例えばiPhoneを考えてみてください。スティーブ・ジョブズが携帯電話を初めて思い出したのも、カメラを考案したりインターネットを発明したのではないです。 彼はただそれぞれの機能を向上させ、合わせて新しい製品を作り出しました。このようにクリエイティヴィティの真の要素はベンチマーキングと融合です。革新とは、世界の成功事例を学び、ここに他の機能をよく交えることであり、韓国はこれをとてもうまくやっていると思います。

 「米国企業が新しい製品を創造して紹介すると、日本企業はこれをベンチマーキングし、その代表的な例がソニー(Sony)です。すると、サムスンはここで学び、他の機能を加えてソニーに追いつきます。今は中国企業もサムスンに追いついています。韓国や中国の企業がもっと創造性に優れたのではなく、優れた学習能力のためです。弟子が師匠を乗り越えるためには熱心に学ばなければなりません。

 多くのスタートアップが失敗した一つの理由は、時に過度に創意的だからです。創作する人や製品を供給する側ではアイデアを理解し、製品の品質をよく知っているでしょうが、まだ市場は準備ができていないかもしれません。非常に創意的だと言って必ずしも成功するわけではありません。

韓国でビジネスを展開しようとする外国企業や投資家にどのようなアドバイスをいただけますか。

キム: 韓国はとてもダイナミックな国です。また、輸出主導国として経済が成長するにあたって、しばらく伸び悩むことがあるかもしれませんが、長期的には持続成長すると考えています。特に、先端技術産業については成長の可能性が非常に高いと予想されるので、この分野への投資をお勧めします。また、韓国に投資すれば、政府から一貫的で地道な支援を受けることができるので、韓国への投資をお勧めします。

どうすれば韓国が外国投資企業にさらに理想的な国になれるでしょうか。

ムン:とても重要な質問です。 外国人投資家の目には、韓国に潜在力があるとしてもその潜在力が実現するまでは、ただの潜在力に過ぎません。政府の役割が重要です。現在、政府は潜在的投資者に提供するインセンティブにもっと注目していますが、投資家らはより安い費用、最小限の規制、立派な基盤施設をもっと重視しています。

 投資者に「外国人直接投資の決定に必要な意思決定段階がどうなりますか」と尋ねたら、3段階と答えたりします。潜在的投資企業と企業家は、一番先に投資対象地が次の経済的あるいはビジネス機会を持っているかを評価します。まず、石油のような自然資源を探すための資源追求FDIの場合はサウジアラビアやイラクに行くでしょう。次に、効率性を追求するFDIの場合、中国やベトナムのような製造コストが低い国へ向かうでしょう。また、市場追求FDIはすでに製品を持っており、新しい市場を模索するタイプです。最後に戦略的な資産追求FDIがありますが、その例が20-30年前のアモーレパシフィックのような企業です。アモーレパシフィックは「Made in Korea」ブランドが今のような価値を伝えられなかった当時、化粧品産業の中心地だったフランスに投資しました。第二に、投資家は投資決定に影響を及ぼす重大な規制や政治的不安定さがあるかを考慮します。第三に、候補国で提示するインセンティブを比較するため、金銭的支援を行うかどうかを検討します。 もし、投資対象地を考慮する国が最初の二つの条件であるビジネス機会と少ない規制に満足すると、企業は最後の段階であるインセンティブは考慮せずに投資を決定するでしょう。一方、もし二つの条件が満たされていないのにインセンティブだけ提示すれば、企業は該当国に進出しないでしょう。したがって、政府ではまず正しいビジネス環境づくりに重点を置き、規制環境について検討し最後にインセンティブを考慮する必要があります。

キム: まず、技術的な部分から話します。技術チェーンでのトップ企業をターゲティングして韓国に誘致することが必要です。もし、現代自動車のように、すでに韓国が最高の技術を持っている分野があれば、引き続きトップを守るよう、政府レベルで該当企業を総合的に支援しなければなりません。

 また、最近全世界の話題である4次産業が韓国で発展できるように、政府は積極的な支援を行うべきです。万が一利権団体の介入で新しい事業に挑戦することが困難な環境ではないのか点検しなければならず、特に遠隔医療産業、共有経済などの新しい分野が発展できるよう規制を解除することも積極的に検討すべきです。

 その他にも、新しい投資を誘致するために各種の支援政策を策定し、最近拡大された現金支援制度も活用しなければなりません。さらに、法人税まで引き下げることができたら、最も理想的な投資対象国になると思います。

韓国投資広報大使として活動している間、達成したいことがありますか。

ムン: グローバル企業に良い投資広報大使になりたいです。これが私の核心的な責任です。外国投資家らは韓国の投資環境についてよく理解できないことがあります。中国のように、ただもっと大きくてよく知られている市場を探そうと思います。しかし、韓国のように相対的に小さな規模の経済はよりフレキシブルになれるでしょう。投資家に韓国は思ったより多いメリットを持っていると説明するつもりです。また、中国がもっと多様な経済だと間違った判断をする人もいます。しかし、私が前述したように、韓国には非常に発達した、多角化された産業があり、またフレキシブルなので何でもできます。もちろん韓国が規模的に小さいのは事実ですが、同時に十分大きいこともあります。5千万人口は決して少ない数ではありません。こう見ると日本と中国は、ある面では大きすぎると言えます。韓国は効率性のような魅力的な要素を持っています。東南アジアでも見つかる安価な労働製造業を意味するのではなく、作業の速度とともに質も保障できる熟練した労働力を保有しています。

 私は韓国政府と潜在的投資家の間で広報大使または連絡網になりたいです。投資対象地として韓国の多くの魅力要素の中には政府が準備しなければならないものが多いです。例えば、友好的な税率、規制緩和、基盤施設などは政府が準備しなければなりません。

キム: まず、既存の外国人投資企業の集まりである外国商工会議所、外国投資企業協会との活動を強化したいです。また、新産業分野の電気自動車エキスポなどの4次産業関連イベントに参加し投資可能性がある会社との接触を増やしたいと思います。技術力のある会社を探して、その会社が初期投資を検討する時期に一緒に話し合い、外国人投資誘致に貢献したいです。

 つまり、外国人投資関係者が訪れるのを待つより、韓国にあるビジネスパートナーを探して、第一段階から企業を結びつけて技術支援をするなど、積極的な投資誘致活動を行おうとしています。現在も5社の会社と接触して連結しています。

韓国の未来にどんな希望がありますか。

ムン: 韓国が真のビジネスハブになるためには、東アジアで最も優秀なビジネス環境を提供するようにしなければなりません。数年前にシンガポールの経済開発庁(Economic Development Bank:EDB)を訪問したとき、世界ビジネスの3分の2がシンガポールを通じてつながっていると聞きました。いかにして世界のビジネスの3分の2が小さな都市国家を通じてもらえますか。韓国はシンガポールよりはるかに大きく、アジアと米大陸を結ぶのに重要な位置を占めています。

 また、私が優先しなければならないことは韓国投資誘致ですが、韓国からの外国投資も非常に重要です。ある企業は海外に進出したがっている反面、ある企業は韓国に進出したがります。水は両方向に向けて円滑に流れなければなりません。私は米カリフォルニア州の投資担当者と話をしたことがありますが、「カリフォルニアにおける外国企業のメリットとデメリットは何がありますか」と聞いたことがあります。彼は「外国企業とはどういう意味ですか。カリフォルニアに設立された企業はすべてがカリフォルニア企業です」と答えました。シンガポールも都市国家のすべての企業を「シンガポール基盤」企業と呼んでいます。究極的に、韓国の目標は韓国や外国企業を差別したり特恵を与えることではありません。私はこのような観点がグローバルビジネスハブとして発展させるのに核心だと思います。未来には朝鮮半島がビジネスの流入と流出がすべて自由な真のグローバルハブになることを希望します。

キム: 私は韓国経済をとても肯定的に捉えています。韓国内の大企業の研究能力だけを見ても新技術産業を開発する可能性が高いと思います。だから韓国経済の未来はとても明るいと考えております。


<<投資広報大使の沿革>>

ムン・フィチャン
現 韓国投資広報大使
現 ソウル大学国際大学院名誉教授
現 国際競争力研究院の理事長、ソウル科学総合大学院(aSSIST)の碩座教授

キム・ジンチョル
現 韓国投資広報大使
現 韓国エンジニア協会の副会長
現 韓国外国企業協会(FORCA)の名誉会長
前 ソルベイシリカ(Solvay Silica)コリアの社長(2001-2017)
前 韓国外国企業協会(FORCA)の会長(2015-2017)


By Grace Park (gracepark@kotra.or.kr)
Executive Consultant
Investment Public Relations Team / Invest Korea
Korea Trade-Investment Promotion Agency (KOTRA)



次へ
ユニティテクノロジーズ・コリア(Unity Technologies Korea)
前へ
アラムコ・アジアコリア(Aramco Asia Korea)

シェア

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • Twitter
PRINT

お勧めコンテンツ

リーディング産業

더보기

KOTRA Express

더보기