울산광역시 ULSAN METROPOLITAN CITY

Invest Korea
  • Korean
  • english
  • chinese
ulsan metropolitan city
  • NEWS&EVENT
  • LIBRARY
  • USEFUL LINKS
  • SITEMAP
  • 蔚山の紹介
  • 投資メリット
  • 主要産業
  • 投資プロジェクト
  • 投資ガイド
投資メリット
home > 投資メリット > 投資環境 > 21世紀国際産業物流中心港湾
21世紀国際産業物流中心港湾
 
蔚山港は朝鮮半島の東南部に位置している韓国最大の産業物流港でありながら、世界4大液体貨物港湾です。
背後地に韓国最大の産業団地および大規模な液体貨物施設があり、北東アジア液体貨物の中心港湾として位置づけられているだけでなく、鉄鋼、金属、機械類、木材など様々な貨物を処理しており、特に、国内自動車の34%、船舶の33%が蔚山港を通じて輸出されています。
現在、115船席の接岸能力と71百万トンの荷役能力を有し、 昨年の貨物取扱量は年間2億 2百万トンに達しました。
2020年に竣工すると、蔚山港は132船席の接岸能力と年間8千9百万トンの荷役能力、 年間2億5千3百万トンの港湾貨物取扱能力を有することになり、蔚山はヨーロッパのARA、 アメリカのヒューストン、アジアのシンガポールに次いで世界4大オイルハブとして構築されます。

■ 蔚山港

2013年基準

液体貨物取扱量 全国1位、 港湾貨物取扱量 全国3位、 船舶の入港 全国2位
接岸能力(同時) 115船席
荷役能力(年間) 71,728千トン
港湾貨物取扱量(年間) 202,031千トン

2020年 (蔚山新港 竣工時)

世界4大オイルハブとして構築
接岸能力 132船席
荷役能力 88,817千RT / 年
港湾貨物取扱量 252,661千RT / 年