本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
健康福祉タウンの造成が順調 特交税も確保
作成日
2017.03.20
ヒット
468

 



忠清北道忠州市が推進している「健康福祉タウン」の建設事業が順調に進んでいる。

自由韓国党のイ・ジョンベ議員は15日の報道資料において「同事業に行政自治部特別交付税8億ウォンが確定した」と明らかにした。

同事業は先月末、行政自治部の地方財政投資審査に合格したのに続き特別交付税まで確保したことで推進に拍車がかかっている。

イ議員は「事業が完了すれば空洞化の進む旧都心の経済が活性化し、深刻な駐車場不足問題を解消することができる」と述べた。

来年まで忠州市文化洞の旧忠州医療院の場所に建設される健康福祉タウンには国費43億5500万ウォン、道費10億8900万ウォンなど合わせて247億3000万ウォンが投入される予定だ。

タウンには1万4398㎡規模の保健所をはじめ、糖尿バイオ特化都市推進センターと様々な福祉施設、駐車場などが造成される。

 


原文記事
出所:ニューシース(2017.03.15)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。