本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
「提川国際漢方バイオ産業エキスポ」 相次ぐ輸出契約
作成日
2017.09.28
ヒット
399

聨合ニュースによると、


【提川聯合ニュース】キム・ヒョンウ記者=漢方の再創造をテーマに開幕した「2017 提川国際漢方バイオ産業エキスポ」で参加企業の輸出契約が続々と結ばれ、活気にあふれている。

24日、提川国際漢方バイオ産業エキスポ組織員会(以下、組織委)によると、開幕初日の22日には提川に位置するバイオベンチャー企業の「アリバイオ」が中国と台湾の企業と150万ドルに相当する輸出契約を締結。

同社は高機能性化粧品、健康機能食品、機能性飲料などで事業を展開している。

医薬品の注入ポンプや自己調節の注入ポンプを生産する「エースメディカル」もスイス企業と25万ドル規模の契約を締結した。

韓国企業同士の交流も活発だ。

来月10日まで開かれるエキスポには、国内外から253社が参加した。

28カ国の314人の海外バイヤーを招待し、1500回以上の商談を行う。

vodcast@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.09.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。