本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠清北道経済自由区域庁、防衛産業体誘致に向けた投資説明会開催
作成日
2018.09.27
ヒット
316

 



忠清北道経済自由区域庁が国際空港周辺のエアロポリス地区に入居する先端防衛産業企業誘致に乗り出す。

同庁は20日、インターコンチネンタル・ソウルCOEXホテルで国内外の先端防衛産業企業誘致に向けた投資環境説明会を開催した。

同行事はエアロポリス地区へ防衛産業企業誘致など新しいビジネスパートナーを発掘するのが狙いだ。

同行事には駐韓トルコ大使、米国防武官など防衛産業外交官とボーイング、レイセオン、L3、大韓航空、韓華など防衛産業関係者約100人が参加した。

参加者は韓国防衛産業の発展策とエアロポリスの先端防衛産業クラスターとしての可能性について議論した。

忠北経済自由区域庁は17戦闘飛行団など空軍の戦略施設と航空宇宙研究院など先端研究所に隣接しているエアロポリス地区のビジネス環境を集中的にアピールした。

特に、エアロポリス地区は経済自由区域に指定されており、外国人投資企業を対象に税制優遇措置を与えていることを強調した。

 


原文記事
出所:ニューシース(2018.09.20)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。