本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北スマートファーム革新バレー誘致推進 10機関・企業業務協約
作成日
2019.02.25
ヒット
131

聨合ニュースによると、


【清州聯合ニュース】シム・キュソク記者=忠北道がスマートファーム革新バレー造成事業を推進する。

同道は22日に道庁小会議室で忠北教育庁、忠北大学、堤川市、世明大学、青年スマートファーム事業団、農協忠北地域本部、韓国農魚村公社忠北地域本部、忠北青年農業人連合会、コールマファーマ(株)など9の機関・企業とスマートファーム革新バレー成功推進業務協約を締結した。

スマートファーム革新バレーとは、生産・教育・研究機能を備えた一種の産業団地だ。

農林畜産食品部は、2022年まで圏域別でスマートファーム革新バレー4ヵ所を造成する計画だ。

同道と9機関・企業の業務協約は同事業に応募するための手続きだ。

同道は、スマートファーム革新バレー造成事業の予備事業計画書を作成し、来月農食品部に応募する方針だ。

イ・シジョン知事は、「全国で最も模範的なスマートファーム革新バレーを構築するように努力したい」と述べた。

同道は、同事業を誘致する場合、今年から2022年まで堤川市泉南洞一帯の22ヘクタールに青年保育センターと実習農場、住居・便宜施設などを備えたスマートファームバレーを造成する計画だ。

事業費は1千10億ウォンと予想する。

ks@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.02.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。