本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北道、第4次産業革命に対し省エネ・バイオヘルス育成
作成日
2019.03.21
ヒット
258

聨合ニュースによると、


【清州聯合ニュース】シム・キュソック記者=忠北道によると、省エネと知能型バイオヘルスを第4次産業革命時代の主要エンジンとして育成することを21日に明らかにした。

同道は、同日道庁で「第4次産業革命対応忠北産業育成の総合計画」研究用役最終報告会を開き、このような方針を策定した。

また、忠北の100年の長期新産業として自動車・ドローンなどの未来輸送機器分野を選定した。

少子高齢化および生産可能人口の減少などに対応、農業のスマート化と製造現場のスマート化を推進し、産業競争力を強化する。

同道は第4次産業革命対応5大戦略として、基盤産業の知能化革新、産業生態系の拡張、革新融合新作業育成、公共プロジェクト推進、知能情報革新生態系の造成を提示した。

報告会を主催したイ・ジャンソップ政務副知事は「推進課題を真剣に検討し、具体的な実行案を用意して忠北の産業競争力を強化する計画」と述べた。

ks@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.03.21)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。