本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北革新都市「エネルギー産学融合地区」造成に11年間398億ウォン投入
作成日
2019.11.15
ヒット
257

聨合ニュースによると、


【忠州聯合ニュース】パク・ジェチョん記者=忠北革新都市「エネルギー産学融合地区」造成事業が産業通商資源部の支援対象に最終選定された。

忠北道によると、同事業は今年から2029年から国費120億ウォン、地方費150億ウォン、民間資本128億ウォンなど398億ウォンが投入される。

革新都市内の3万4千768平方メートルに1万700平方メートル規模のキャンパス・企業研究所・寄宿舎が新築された。

清州大学エネルギー応用化学化・融合新技術大学院及び極東大学エネルギーIT工学科が2022年まで移転する。

忠北道は陰城郡、清州大学、極東大学、新星ENGなどとコンソーシアムを構成、産業団地キャンパスと企業研究所など研究開発(R&D)インフラを構築する計画だ。

同地区は革新都市内の企業及び周辺産業団地と連携しエネルギー産業育成に必要とする人材育成と企業R&Dを支援する。

イ・シジョン知事は「現場最適化人材養成や企業育成基盤が構築されることはもちろん、青年就業率の向上も期待している」と述べた。

jcpark@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.11.12)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。