本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北道、来年の未来新成長産業育成に1千182億ウォン投入
作成日
2019.12.26
ヒット
107

聨合ニュースによると、


【清州聯合ニュース】シム・ギュソク記者=忠北道は来年の未来新成長動力産業に1千182億ウォンを投入し、人工知能(AI)と情報通信技術(ICT)などを育成する。

忠北道によると、同事業の費用は今年438億ウォンより170%増加したのであることを25日に明らかにした。

このうち、国費は627億ウォンで、今年の267億ウォン比134%増加した。

来年の主要事業としては強小特区の育成(66億ウォン)、輸送機械部品電磁波センターの構築(285億ウォン)、自動運転車の地域テストベッド構築(295億ウォン)、創業跳躍パッケージ支援(116億ウォン)などだ。

道は、未来の新成長動力産業の育成を担当する「新成長産業局」を新設する。

新成長産業局は研究開発支援チーム、半導体産業チーム、自動車産業チーム、素材部品育成チームで構成される。

変化した産業構造に合わせて4次産業革命と関連したAI、ICT、半導体、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)産業、次世代自動車産業などの育成業務を担当することになる。

ks@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.12.25)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。