本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北道、「エネルギー産業融合団地」指定に再挑戦
作成日
2020.02.05
ヒット
86

聨合ニュースによると、


【清州 聯合ニュース】シム・ギュソク記者=忠清北道が忠北革新都市を中心とした「エネルギー産業融合団地」指定に向けて再挑戦する。

忠北道によると、団地の造成計画を新たに補完し、今年6月の産業通商資源部公募に再び応募する計画を2日に明らかにした。

道は昨年11月政府の公募に応募したが、選ばれなかった。

忠北革新都市を中心に半径20キロ一帯には、太陽光、二次電池、半導体、電気電子部品、輸送機械素材部品など知能型の先端産業が集積されている。

道は鎮川郡キ田里にエネルギー融合パークを、陰城郡孟洞面仁谷産業団地にRE100*スマート産業団地を、革新都市に半導体の融合産業タウンを造成する計画だ。

特に、道は2023年までにエネルギー融合パーク造成に1兆3千700億ウォンを投入する計画だ。

エネルギー産業融合団地に指定されると、団地内の重点研究機関、人材養成機関などのインフラが集積され、産業競争力が強化されると忠北道は期待している。

ks@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.2.2)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。