本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
沃川テクノバレーに来年末まで入居完了 「1千330人の雇用創出」
作成日
2021.05.14
ヒット
83

聨合ニュースによると、


【沃川聯合ニュース】シム・ギュソク記者=忠清北道・沃川の産業団地であるテクノバレーの竣工を2ヵ月後に控えて、企業が入居準備を加速化している。

沃川郡によると、郡とテクノバレー入居契約を締結した企業は26社と10日に明らかにした。

このうち調味料メーカーのチョンヤン食品が今年4月に新築工場の竣工式を行い、6社が工事を行っている。

建築許可を受けた他の7社は工事準備に集中している。

残りの12社も年内に建築許可を受け、工事に着手する予定だ。

沃川郡が26社と契約した投資金額は2千10億ウォンだ。

郡は企業の入居が来年末までに終われば1千330人の新規雇用が創出され、地域経済に活力を与えると期待している。

キム・ジェジョン郡守は、「沃川に根付いた企業が競争力のある企業に成長できるように積極的に支援する計画」と述べた。

テクノバレーの産業用地は23万6千平方メートル。

これまでの分譲率は87%だ。

ks@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.5.10)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。