本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
清州・五松・梧倉・清州国際空港が新産業ベルトに急浮上 忠清北道地域の拠点へ
作成日
2022.01.13
ヒット
42


 


忠清北道・清州・五松・梧倉、清州国際空港が未来新産業ベルトとして急浮上している。

五松は、韓国バイオ産業のメッカとなり、五松は先端科学企業・研究機関が集積化した。

清州空港は周辺に航空産業クラスターと複合新都市が造成される。

各産業の連携による相乗効果で地域発展の早期化に貢献すると期待を集めている。

忠清北道によると、五松はバイオ産業育成基盤の企業と研究機関が五松第1・2生命科学団地と先端医療複合団地に多く位置していることを9日に明らかにした。

韓国保健産業振興院、食品医薬品安全処、食品医薬品安全評価院、疾病管理庁、国立保健研究院、保健福祉人材開発院など保健医療分野の6大国策機関も位置している。

道は、さらに多くの優秀企業を誘致するため、産業団地を3ヵ所を追加で建設している。

世界的なバイオ中心地を目指している。

関連分野の創業環境を改善するための創業生態系も造成中だ。

梧倉は国家革新成長と先端産業の拠点として浮上している。

新産業分野の施設が建設され、各産業で幅広く活用される多目的放射光加速器が構築されるため。

梧倉科学産業団地の一帯は、次世代二次電池産業をリードする素材・部品・装置集積化団地が造成される。

規模は1千233万3000㎡。

近隣地域の清州梧倉邑厚基里梧倉テクノポリスには、科学・産業現場に画期的な変化をもたらす放射光加速器が設置される予定だ。

道は2027年に完成し、翌年稼動を目指している。

これらの施設のみならず、梧倉は道内先端産業の競争力強化などに役立つ清州強小研究開発特区に指定された。

未来自動車産業発展の中心となる自動運転車のテストベッドは清州市清原区梧倉邑の忠北大学梧倉キャンパス内の8万3096㎡に構築される。

道は清州・梧倉と五松を中心に、周辺地域を「革新成長地帯」として造成する事業を展開している。

ここに清州空港を中心とした周辺地域も発展している。

人口5万人規模の複合新都市が造成され、清州エアロポリスは航空産業革新成長クラスターが構築される。

この地域の美湖川の水質を改善し、周辺に親水空間を造成する「美湖川再生プロジェクト」は推進に拍車をかけている。

複合新都市は、清州清原区内需邑一帯に造成される。

都市面積は661万1570㎡。

基本構想とフィジビリティ検証を通じて詳細な計画を立てている。

清州空港周辺のエアロポリス地区は、航空産業革新成長クラスターで構築される。

道は経済自由区域に指定された1・2地区と3地区を統合し、回転翼中心の整備クラスターを構築するという狙いだ。

忠清北道の関係者は、「清州・五松と梧倉、清州空港が未来新産業ベルトとして急浮上している」とし、「各地域に特化した産業を育成するための事業推進に最善を尽くす計画」と述べた。

 


原文記事
出所:ニューシース(2022.1.9)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。