本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北・堤川市、日進グローバルと1500憶ウォン規模の投資協約締結
作成日
2024.02.29
ヒット
50


 

 alt=


(堤川=聯合ニュース)クォン・ジョンサン記者=忠清北道・堤川市によると、自動車部品メーカーの日進グローバルと第5工場新設投資協約を締結したと27日に明らかにした。

今回の協約で、日進グローバルは1500億ウォンを投資し、2027年まで造成予定の堤川第4産業団地の6万㎡の敷地に9千㎡規模の工場を設立する計画だ。

新設工場は2028年竣工予定で、約300人を新規雇用することになる。

日進グローバルは世界ホイールベアリング市場の32%を占めている企業で、堤川地域で初めて売上高1兆ウォンを達成した企業だ。

日進グローバルのソン・ヨンソ代表は、「中央高速道路堤川ICに隣接した第4産業団地の優れたアクセスを考慮し、追加投資を決定した」と説明し、「今後も堤川市と共存発展する企業を目指す」と述べた。

堤川市は今回の投資協約を受け、鳳陽邑長平里と新洞一帯81万7864㎡の敷地に建設予定の第4産業団地の先行分譲を本格的に推進することにした。

jusang@yna.co.kr

原文記事
出所:聯合ニュース(2024.2.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。