本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
槐山行政文化タウン造成事業完了 国費など196億ウォン投入
作成日
2024.04.09
ヒット
50


 

 alt=


(槐山=聯合ニュース)ユン・ウヨン記者=忠清北道・槐山郡によると、行政文化センターとコミュニティービジネスセンターが入居する行政文化タウン(槐山邑西部里)造成事業が完了されたことを9日に明らかにした。

地下1階・地上4階建ての行政文化センターには、住民休憩室およびサークルルーム、カフェ、槐山邑行政福祉センター、小さい図書館、会議室などが設立された。

地上3階のコミュニティビジネスセンターは情報化室、休憩室、サークルルーム、幸福相談所、大韓法律救助公団槐山支所、東清州税務署槐山相談窓口などが入居した。

2022年4月に着工した行政文化タウン造成事業には、国費と郡費など196億ウォンが投入された。

同事業は、農村中心地活性化事業の一環として展開された。

郡の関係者は、「各種の文化、福祉プログラムを運営し、さらに高められた行政サービスをお届けするために最善を尽くしたい」と述べた。

jcpark@yna.co.kr

原文記事
出所:聯合ニュース(2024.4.9)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。