本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠州、ユネスコ伝統スポーツセンター誘致を推進
作成日
2011.03.28
ヒット
373
제목 없음

聯合ニュースによると、

忠清北道・忠州市がユネスコ傘下機構の伝統スポーツゲーム(TSG)センターの誘致に乗り出した。

市は24日、TSGセンター設立申請に対する文化体育観光部の承認を受け、早いうちに外交通商部を経てユネスコに受け付ける計画だと明らかにした。

同センターは国際オリンピック委員会(IOC)に加盟していない伝統武術など各国のスポーツ・ゲームを管掌する国際機構で、学術研究と武術関連セミナー、フェスティオバル、大会を開催・後援する機能をしている。

ユネスコは申請が受け付けられると、執行委員会の審査と現地調査を経て最終誘致国を確定する。

市は武術大国である中国、日本、ロシア、イランとの競合を予想しながらも、忠州正解武術祭りの開催などこれまでの実績を考えれば、韓国が有利な立場になることを期待している。

市関係者は、「TSGセンターを誘致すれば、国家ブランドの工場だけでなく、スポーツ外交能力の強化、韓国伝統武術のグローバル化などが期待される。また、忠州市が世界武術・ゲームの中心都市に成長できる契機になる」と述べた。

忠州には37カ国の42武術団体が加盟している世界武術連盟があり、また来年12月完工をメドに世界武術公園造成工事も進められている。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.03.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。