本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
曽坪クリーン人参栽培技術、中国でも注目される。
作成日
2011.08.31
ヒット
352
제목 없음

聯合ニュースによると、

曽坪を訪れた中国研究団員

農村振興庁と忠清北道曽坪郡が共同研究中であるクリーン人参栽培技術が国内はもとより、中国の農業関係者たちからも大きな注目を集めている。

郡の農業技術センターは中国広西チワン族自治区新農村研究団の団員15名が、先日3日クリーン人参栽培施設と農業研究施設を見学するためにセンターを訪れたと5日、明らかにした。

訪問団は環境親和微生物を用いたクリーン人参栽培研究に特に注目し、太陽光発電施設とLED照明を用いた人参栽培施設をはじめ、農機センターの各種施設を見学した。

訪問団は特に、クリーン人参栽培のための郡と農業振興庁の研究への努力を高く評価した後、中国にも進んだ人参栽培技術がいち早く導入されることへの希望を示した。

郡と農業振興庁はFTAに対応して農業競争力を高めるために、今年の地域農業特性化事業の共同課題として環境親和微生物を用いたクリーン人参栽培を選定し、8名の研究員が枯草菌と光合成菌などを用いて研究している。

農機センター人参研究施設には、今年の5月にも広西チワン族自治区の公務員などが見学に来ている。

記事原文

出所:聯合ニュース(2011.08.05)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。