本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北、昨年外国人土地が0.7%の増加
作成日
2012.01.27
ヒット
400
제목 없음

聯合ニュースによると、

忠北地域の外国人所有土地が昨年0.7%増えたことがわかった。

忠北道の27日発表によると、昨年12月末現在、道内の外国人所有土地は10117000平方メートルで、前年同期(10047000平方メートル)に比べて0.7%(7万平方メートル)増加した。

公示地価が4479億ウォンで、忠北全体面積の0.14%となる。

所有主体は海外同胞(5855000平方メートル)、合作法人(1912000平方メートル)、純外国人(1266000平方メートル)、外国法人(1082000平方メートル)の純となった。

国籍別には米国(6652000平方メートル/65.8%)、ヨーロッパ(1415000平方メートル/14%)、日本(64万平方メートル/6.3%)などと続いており、用途別には海外同胞の長期保有などその他(7465000平方メートル/73.8%)、工場用(2207000平方メートル/21.8%)、商業用(221000平方メートル/2.2%)、住居用(202000平方メートル/2%)などとなっている。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.01.27)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。