本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
鎭川郡、ブルーベリーの生産地に浮上
作成日
2012.06.29
ヒット
356
제목 없음

聯合ニュースによると、

忠北鎭川郡が新たなブルーベリーの主産地に浮上している。

鎭川郡が28日に発表した内容によると、2005年に4世帯の農家が0.4haにブルーベリーの栽培を始めて以来、7年間で24農家と27haに急増した。

鎭川郡の各農場では約10日前からブルーベリーを収穫し、ネット上とソウル可樂洞市場市場などを通じて販売している。鎭川では8月中旬まで約15トンのブルーベリーが生産されると見られる。

農民側は生居鎭川ブルーベリー営農組合法人を設立し、共同販売・出荷方式を通じて今年は世帯当たり平均3000万ウォン前後の所得を期待している。

ブルーベリーは体に良いことが知られてから需要が徐々に増えており、手もあまりかからず農薬もほとんど使わないため、環境にやさしく高い所得を上げることができる作物として注目されている。

そのため、鎭川のブルーベリー栽培面積もさらに拡大する見通しだ。

営農組合法人のヨム・ユンファン会長は、「ブルーベリーが健康維持に友好な果物として知られてから、消費者からの注文が殺到している」と話した。

鎭川郡は今年39000万ウォンを投資し、330㎡のブルーベリー貯蔵施設と雨除け施設などを支援する。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.06.29)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。