本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠清地域テクノパークと化学研究院、中小企業支援MOU
作成日
2012.08.28
ヒット
507
제목 없음

聯合ニュースによると、

忠清地域にある3ヶ所のテクノパークと大田大徳研究開発特区内の韓国化学研究院が24日、地域の中小・ベンチャー企業の技術競争力の向上に向けて手を携えた。

忠南テクノパークのよると、大田テクノパークのパク・ジュンビョン院長、忠北テクノパークのナム・チャンヒョン院長、忠南テクノパークのチャン・ウォンチョル院長と韓国化学研究院のキム・ジェヒョン院長は同日、化学研究院の会議室で相互発展及び協力の活性化に向けた業務協約書に署名した。

同協約を受け、これらの機関は▲中小・ベンチャー企業の競争力の向上に向けた支援協力▲中小・ベンチャー企業のグローバル市場の進出に向けた支援協力▲両機関の相互の情報共有及び拡散のための協力▲保有技術の移転及び事業かに向けた相互協力などを推進する。

忠南テクノパークのチャン・ウォンチョル院長は「今後、化学研究院とともに成長潜在力の大きい中小化学企業の発掘や育成に積極的に取り組んでいく」と話した。

原文記事

出所:聯合ニュース(2012.08.24)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。