本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
曾坪2一般産業団地造成事業、年内に着工
作成日
2013.03.08
ヒット
239
제목 없음

聨合ニュースによると、

忠北曾坪郡が道安面老岩里一帯に推進する曾坪2一般産業団地造成事業が年内に着工する見通しとなった。

郡は7日、郡庁大会議室で8日午後2時、こうした事業計画などが盛り込まれた曾坪2一般産業団地造成事業住民説明会を開催することを明らかにした。

事業施行者の鷄龍建設産業()は、今年上半期に支障物の調査と特別目的会社(SPC)の設立に続き、下半期に土地補償金の通報と団地造成工事を開始するなど、年内に本格的に着工する計画。

曾坪2一般産業団地は1235億ウォン(国費407億ウォン、民間資金828億ウォン)を投入し、老岩里一帯の707,022㎡に2015年まで民間投資事業として推進する。

電子部品、コンピュータ、映像、音響、通信装備、機械、電気装備、製造業、太陽光と再生可能エネルギーなど未来志向の先端業種を誘致する。

曾坪2一般産業団地造成事業は、20116月に実施計画の承認告示を行ったものの、その後グローバル経済危機や国内建設分野の景気低迷による金融圏のPF融資減少などによって事業推進が遅れた。

曾坪郡のホンソンヨル郡守は鷄龍建設のイ・イング会長に直接会って産業団地の早期推進を求め、最近鷄龍建設は今年内に事業へ着手する計画を確定した。

郡は曾坪2一般産業団地の造成によって年間3千億ウォンの付加価値と約1500人の新規雇用が創出され、地域経済の活性化に貢献すると期待している。

郡は曾坪2一般産業団地の基盤施設構築事業として、曾坪邑彌岩里~道安面老岩里間の2.4km274億ウォンの国費を投入して往復4車線の進入道路を開設し、道安面松井里~老岩里間の4.0km44億ウォンをかけて日最大給水量が4千トン規模となる工業用水道建設事業を推進している。

曾坪郡のチョン・ビョンイル経済課長は、「曾坪2一般産業団地の完工時点に、地域内に約2千世帯のアパートを供給する」とし、「産業団地の造成と企業誘致に行政の力を結集していく」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.03.07)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。