本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠北革新都市、土地分譲率85%
作成日
2013.06.27
ヒット
381
제목 없음

聨合ニュースによると、

LHが忠北鎭川・陰城に造成していれう忠北革新都市が投資家・実需要者から人気を集めている。

LH忠北地域本部が26日に発表した内容によると、供給が開始された2828千㎡の土地のうち、84.9%2402千㎡が分譲された。

ここには韓国ガス安全公社など11ヵ所の移転予定公共機関の敷地も含まれている。

具体的に見ると、単独住宅用地はほとんど売り切れに近い。361千㎡のうち323千㎡が供給され、残りのブロック型の38千㎡は下半期に市場に出てくる。

共同住宅用地(84万㎡)LHの使用分を含め、現在まで70万㎡が供給された。残りは随意契約の形で分譲が行われている。

商業用地は168千㎡のうち121千㎡を、近隣生活施設用地は58千㎡のうち52千㎡が分譲された。残りに対する再入札公告は来月4日。

LHは産業用地、クラスター要地、留保地は9月に供給する予定。

LH忠北本部のある関係者は、「大変高い分譲率」と時評し、「忠北革新都市は造成原価が安く、ソウルから近いため、投資対象として注目されている」と分析した。

今年12月に竣工される忠北革新都市は6925千㎡の面積に4万2千人の人口を抱える未来型自足都市に建設される。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.06.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。