本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠清北道経済自由区域庁、五松2産業団地に7社と投資協約締結へ
作成日
2014.04.21
ヒット
245

忠清北道経済自由区域庁は17日、五松リサーチ&観光ビジネス地区に7社と投資協約を締結すると発表した。

同庁は同日の午後、道庁の小会議室にて企業の代表者らと投資協約式を行う。

清原郡五松邑一帯に328万3844㎡規模で造成するリサーチ&観光ビジネス地区(五松2産業団地)は、北東アジアBIT融合・複合ビジネスハブ団地につくられる。

同日、投資協約を結んだ企業は、(株)Pion-Tech、(株)JY PLAETECH、(株)Shinhwa IT、(株)Puree chem、(株)JOONGHUN MEDITECH、(株)Care Farm、(株)3Hシステムなど。

首都圏からの工場移転や増設投資、香港・中国・日本海外企業のジョイントベンチャーなどの形で入居する。

総投資金額は1260億ウォンに上ると予想され、380人余りの雇用が創出すると見られる。


原文記事

出所:ニューシース(2014.4.17)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。