本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
13社が忠清南道に投資 3557億ウォン規模
作成日
2017.05.30
ヒット
176

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】ハン・ジョング記者=リチウム一次電池、PM2.5(粒子状物質 )測定器、産業用モーター、自動車部品などを生産する中小企業13社が忠清南道に計3557億ウォンの投資を行う。

安熙正忠清南道知事は22日、道庁の大会議室にてVITZROCELL社など13社の代表ら、洪城郡主などの6つの市と郡の関係者らと合同投資協約(MOU)を締結した。

13社は天安や洪城など6つの市・郡に3558億ウォンを投資して工場を移転するか新設・増設する。

VITZROCELL社は唐津市合德イン・ザ・スパークに853億ウォンを投じ、リチウム一次電池の生産工場を立て、CP CHEM社は唐津松山2産業団地に113億ウォンを投じ、エコ木造防腐剤製造工場を新設する。

企業らは地域社会の持続可能な発展のために家族に優しい企業文化の造成、地域人材の優先的雇用、地元生産の農・水・畜産物の消費促進など、社会的責任の移行のために取り組んでいくことで一致した。

jkhan@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.05.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。