本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
輸出市場の多角化で市場の不確実性を解消 
作成日
2017.06.22
ヒット
140

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】ハン・ジョング記者=忠清南道は中国に依存している輸出市場の多角化を通じて市場の不確実性を最小化し、輸出の安定を図ることにしたと13日、明らかにした。

同道は輸出市場の多角化を図るため市場の多角化、輸出品目の多角化、中小企業の輸出力量強化を3大重点課題として選定し、詳細事業を推進していく計画だ。

市場の多角化に向けては今年10月、国内とベトナムで中小企業の輸出相談会を開く。

ハラール食の認証など海外規格認証事業を拡大し、道内企業のハラール市場への進出を支援し、オーストラリアとニュージーランド市場を攻略するため貿易使節団を運営する方針だ。

内需企業の優良品目に対する市場評価を通して海外市場への進出を支援、内需企業20社を輸出企業にする戦略も推進する。

この他、中小企業の輸出力量強化に向けて海外バイヤーを招待した輸出相談会なども開催する予定だ。

jkhan@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.06.13)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。