本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
錦山郡の人参を欧州へ フランスのバイヤーと商談会
作成日
2017.08.09
ヒット
130

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】ジョ・ソンミン記者=忠清南道は錦山ドクウォン人参薬草営農組合でフランスのバイヤーを招き、輸出商談会を行ったと3日、明らかにした。

錦山人参の欧州市場進出のため忠南経済振興院と設けた商談会には営農組合がフランスのXFCI社代表を招請して行われた。

商談会では組合が同社の代表に合った商談を行い、錦山黒人参エキスの輸出契約が結ばれると期待されている。

商談会には忠清南道議員や忠南経済振興院長などが出席して錦山人参の優秀さをPRし、来月22日から10月23日まで行われる錦山人参エキスポ広場で開かれる「2017錦山世界人参エキスポ」についても紹介した。

同道は今後も収穫期を控えた梨や栗の輸出拡大のため、バイヤーを招請した輸出商談会を随時行っていく予定だ。

min365@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2017.08.03)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。