本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠清圏の4市・道、「2030夏季アジア大会」共同誘致調査へ
作成日
2019.12.30
ヒット
91

聨合ニュースによると、


【清州聯合ニュース】ジョン・チャンヘ記者=忠北道など忠清圏4の市・道は27日、世宗市地方自治会館で「2030年夏季アジア大会」の共同誘致に向けた基本計画の策定及び事前妥当性調査研究の着手報告会を開く。

今年2月、大田で4地域の広域団体長が締結したアジア大会共同誘致協約の後続措置だ。

忠北道が代表機関として調査を発注して、費用は4自治体が1億ウォンずつを負担した。

大韓体育会の韓国開催都市選定に向けた事前手続きである基本計画の策定は韓国体育大学の産学協力団が、政府の大会誘致承認に向けた法的手続きである事前妥当性調査は韓国スポーツ政策科学院が担当する。

4市・道は今回の調査を通じて、忠清圏が保有した体育インフラを分析し大会の基本計画を総合的に策定して政府支援を引き出すという計画だ。

忠北道の関係者は「忠清圏は、勧告唯一の国際総合競技大会を開くことができなかった圏域」とし「アジア大会を誘致し忠清圏の和合と共同発展に向けて努力したい」と述べた。

jeonch@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2019.12.26)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。