本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
天安市に実感コンテンツ産業をけん引するVR・AR制作拠点センターを設立
作成日
2020.03.03
ヒット
100

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】ヤン・ヨンソク記者=忠南道によると、KTX天安牙山駅一帯に仮想現実(VR)・拡張現実(AR)などの実感コンテンツ制作の拠点センターを設立したことを1日に明らかにした。

同事業は最近の政府公募に選定された。

道は、国費と地方費など35億ウォンを投入し天安牙山駅一帯にコンテンツ企業育成センター内の991平方メートル規模の敷地に拠点センターを設立する方針だ。

拠点センターにはVR・ARコンテンツの制作空間やオープンスタジオ、教育室などが設置される。

拠点センターは、生産現場で商用化を加速する研究課題を発掘し、実感コンテンツ融合プラットフォームをリードする専門人材も育成する。

忠南道の関係者は「天安牙山駅を中心に情報通信技術(ICT)・コンテンツ企業の技術融合団地育成に向けて集中する計画」と述べた。

youngs@yna.co.kr

<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>



原文記事
出所:聨合ニュース(2020.3.1)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。