本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠南道の1~4月輸出額297億ドル 半導体・ディスプレイ輸出好調
作成日
2021.05.31
ヒット
16

聨合ニュースによると、


【洪城聯合ニュース】ヤン・ヨンソク記者=忠清南道によると、今年1∼4月の累積輸出額が297億ドルと集計され、過去最高値を達成したと30日明らかにした。

同期比輸入額は108億5千万ドルで、貿易黒字188億7千万ドルを記録した。

品目別に半導体133億ドル、フラットディスプレーやセンサー30億ドル、石油化学の中間原料7億ドルなどの順で、輸出量が多かった。

国別では、中国が83億ドルで最も高い輸出割合を占め、ベトナム51億ドル、米国30億ドル、インド7億ドルだった。

世界的な供給不足の事態でメモリー半導体の固定価格が値上がりし、半導体の品目別輸出額が増加し、ディスプレーも需要が増えて、出荷量が増えた。

米国、中国の景気回復と国際原油価格の上昇で、石油製品・石油化学の中間原料の価格上昇も石油化学企業に対して好材料だった。

youngs@yna.co.kr
<著作権者(c)聨合ニュース。無断転載・再配布禁止。>

原文記事
出所:聨合ニュース(2021.5.30)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。