本文ショートカット メインメニューのショートカット

ニュース·イベント

  • Home
  • ニュース
  • ニュース·イベント
忠南道、外国人投資企業支援センター運営へ
作成日
2013.02.22
ヒット
232
제목 없음

聨合ニュースによると、

忠南道は22日、道内外国人投資企業に対する支援と定住環境の改善のため、「忠南外国人投資企業支援センター」を運営することを明らかにした。

2006年にオープンした京畿道の外国人投資企業事務所に続いて全国で2番目に設置・運営されることになり、外国人投資企業の苦衷と建議事項を収集・処理する。

主な業務には、隘路事項の発掘・受入と処理、経営支援、生活文化及び交流の活性化、新規投資の発掘に向けた情報提供、投資環境の改善及び支援施策の広報などがある。

道内には約280社の外国人投資企業が運営されている。製造業が最も大きな割合(67%)を占めており、国籍別には日本(33%)、米国(16%)、中国(10%)の順となっている。主に天安と牙山など西北地域に位置している。

センターは忠南牙山市鹽峙邑の忠南経済振興院内に設置された。

忠南道のある関係者は、「道内の外国人投資企業が互いに発展し、雇用増加など地域経済の活性化にも多大な貢献がなされると期待している」と話した。

原文記事

出所:聨合ニュース(2013.02.22)

**本内容は上記のウェブ版に掲載されている記事を訳したものです。